2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

テムジンガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
テムジンガンダム
外国語表記 Temjin Gundam
登場作品 機動武闘伝Gガンダム
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 第13回ガンダムファイト大会用モビルファイター
登録番号 GF13-053NMO
頭頂高 16.6m
本体重量 7.9t
装甲材質
開発組織 ネオモンゴル
所属 ネオモンゴル
ガンダムファイター キル・ハーン
テンプレートを表示

概要[編集]

第13回ガンダムファイトのネオモンゴル代表モビルファイター。「テムジン」の名はモンゴルの初代皇帝である「チンギス・ハーン」の本名である。

ネオモンゴルはガンダムファイトに参加してまだ歴史が浅く、本機の性能や装備も平凡な物となっている。武装はテムジンシュミッターのみであるが、ファイターが2刀流の使い手で性能以上の戦果を発揮した。

登場作品と操縦者[編集]

機動武闘伝Gガンダム
第18話に登場。ガンダムファイターはキル・ハーン。サバイバルイレブンの後半でガンダムマックスターと戦闘しサイクロンパンチを打ち破る奮戦ぶりを見せ頭部を破壊する一歩手前まで追い詰めたが、デビルガンダムのトラウマが蘇ったチボデーに両腕を破壊され、頭部を連続で攻撃され敗北した。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

テムジンシュミッター
本機の主武装である2振りの刀。これといった特徴はないが、ファイターの技量によりガンダムマックスターのサイクロンパンチを斬り伏せている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]