ディンレイヴン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディンレイヴン
外国語表記 Dinn Raven
登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
テンプレートを表示
スペック
分類 偵察用量産型モビルスーツ
型式番号 AMF-103A
全高 18.93m
本体重量 37.33t
主動力 バッテリー
開発組織 ザフト軍
所属 ザフト軍
主なパイロット ザフト兵
テンプレートを表示

概要[編集]

ザフト軍の偵察用量産型モビルスーツディンをベースに特殊部隊用に開発された機体である。名称の「レイヴン」は「Reconnaissance Attack adVanced Electronic iNstllation=特殊電子機材搭載・偵察・攻撃」の略である。

特殊機材の名の通り通常塗装で使用可能な改良型ミラージュコロイドを搭載しており、高いステルス性を有している。頭部とエアロシェルにはアンテナ・センサーが増設され、通信・索敵能力が強化されている。また、主翼形状の変更と推力強化によって機動性も向上している。これらの変更によりAWACSディンよりも本格的な偵察機となった。

本機は大戦末期に配備されたため生産数は少なく、特殊部隊にのみ配備されたことから存在自体もあまり知られていない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ミラージュコロイド
可視光線を歪め、レーダー波を吸収するガス状物質。これを磁気で機体周囲に纏うことにより、視覚的および電波的にも自機の存在を隠匿する事が可能。ただし、展開中はPS装甲の併用が不可能という欠点があり、更にコロイド粒子を機体の周囲に電磁気で定着させているため、PS装甲同様に電力消費が著しい。本機に搭載された物は改良型であり、通常塗装でも使用可能となっている。

武装・必殺攻撃[編集]

MMI-M7S 76mm重突撃機銃
ディンと同様のアサルトライフル。非使用時には右腰部に収納されている。
MMI-M1001 90mm対空散弾銃
空対空用のセミオートショットガン。非使用時には左腰部に収納されている。
6連装多目的ランチャー
胸部左右に内蔵されている。用途に応じてミサイルやフレア等を搭載する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ディン
ベース機。
マディガン専用ディンレイヴン
カイト・マディガンが独自に調達し専用機とした機体。
早期警戒・空中指揮型ディン特殊電子戦仕様 / AWACSディン
本機以外の偵察機能を持つディン。

リンク[編集]