ドズル・ザビ専用ザクII

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MS-06F ドズル・ザビ専用ザクII(Dozle's Zaku II)[編集]

概要[編集]

ドズル専用にカスタムされた機体。ドズルの巨体に合わせ、コックピット容量が大型化しており、全身が緑色に塗装され金色のエングレービングが施されている。スパイクが両肩に4本、手甲に3本装備されている。本来は式典用の機体ではあるが、ドズル本人は前線視察を口実に実戦に参加していた。

本機は星一号作戦の際、地球連邦軍ソーラ・システムによって格納庫内で焼失している(MSV設定)。『虹霓のシン・マツナガ』ではプロトGファイターとの戦闘で撃墜、ドズル本人は脱出している。

登場作品と操縦者[編集]

MSV
出典元。
機動戦士ガンダム MSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ
ルウム戦役に参戦し、後に改修を受けている。地球連邦軍の「アンタレス作戦」の際には、新設定の武器、ジャイアント・ウォーハンマーを装備して出撃している。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

大型ヒート・ホーク
本機専用の加熱式の実体斧。実戦に参加する際にはこの装備のみで出撃している。
ザク・マシンガン
ドラムマガジン式の口径120mmマシンガン。ゲーム等では装備していることが多い。
ジャイアント・ウォーハンマー
本機専用武装として新たに開発された、超大型の打撃武器。巨大なハンマーの形状をしているが、内部に推進バーニアを内蔵しており、打撃による破壊力は非常に高い。初出は『虹霓のシン・マツナガ』。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザクIIF型
原型機。
ドズル・ザビ専用リック・ドム
本機と同様のカラーリングとエングレービングが施されたドズル専用機。

商品情報[編集]

リンク[編集]