2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ドルメル

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドルメル
外国語表記 Dolmel
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 MS-19
全高 17.9m
本体重量 47.6t
全備重量 81.7t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,680kW
スラスター総推力 150,800kg
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオン公国軍
開発拠点 ア・バオア・クー
所属 ジオン公国軍
シン・フェデラル
主なパイロット ラムイコ・シュタイン
リチャード・グレイソン
テンプレートを表示

概要[編集]

ジオン公国軍の試作型モビルスーツ一年戦争末期に開発された決戦用モビルスーツの1機である。機体カラーは赤と白のツートン。

本機はア・バオア・クー内の工廠にて極秘裏に開発された機体とされ、高い完成度を誇った機体とされる。多くの武装を内蔵した機体だが、本機についての情報は乏しく、幻のモビルスーツと言われている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム EX REVUE
本機の初出。オリジナルキャラのラムイコ・シュタインと共にプレイアブル機体およびCPU戦のラスボスとして登場する。2Pカラーは青と黄のツートン。
機動戦士ガンダム カタナ
反地球連邦組織シン・フェデラルの戦力として登場。機体色は原作ゲームの2Pカラーに準じている。シン・フェデラル首領のスパーダ公(に扮したリチャード・グレイソン)が搭乗し猛威を振るった。
月刊ガンダムエース
2010年12月号収録の『GAME'S MsV』#97で紹介されている。一年戦争終結から14年後に地球連邦軍情報局から写真が公開されたという設定。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・サーベル兼ビーム・ガン
両腕に固定装備されている武装。マルチランチャーとも呼称される。
ヒート・パイル
両肩のスパイクを高熱化することで攻撃力を高めている。
ショルダーミサイルポッド
両肩に2基装備されている。
小型2連ミサイルポッド
胸下部に2基内蔵されている。
トゥビーム
両脚部の爪先に1基ずつ内蔵されているビーム・サーベル。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ドルメル・ドゥーエ
本機に妖刀システムを搭載した機体。
カイザー・オブ・ドラゴン
本機の運用艦としてシン・フェデラルで建造されたキング・オブ・ドラゴン級超大型戦艦。
カタール (MS-19N)
本機と同様、MS-19の形式番号を持つ機体。『アウターガンダム』に登場。

商品情報[編集]

リンク[編集]