バイラリナ・マス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
バイラリナ・マス
外国語表記 Bailarina Mass
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型可変モビルスーツ
主動力 熱核融合炉
開発組織 木星共和国
所属 木星共和国
主なパイロット ステン・グレー
ギャブレット
グレタ
テンプレートを表示

概要[編集]

木星共和国サウザンド・カスタムの一機であるバイラリナを量産した機体。ビーム兵器の希少化した時代背景から最も有用な機体であると判断され、(他の機体を後回しにしてまで)量産が急がれた。

機体ごとに頭部マスクの形状が異なっているが、これは製作者のステン・グレーが視覚的演出を狙った物であり、性能に差異はない。また製作者の弁を借りるならば、ヴェスバーの出力はオリジナルの75%をキープしており、この威力のビーム兵器の攻撃を防御出来る機体は、同年代には存在しないとされている。

機体にはサイコミュが搭載されており、パイロットの能力によっては3機を同時に動かす事ができるとされるが、戦闘可能なほど複雑な行動が取れるかは未確認である。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
第31~32話に全3機が登場。ヴェスバーを搭載した強力な機体と謳われており、讃美歌の国に雇われたサーカスの機体として登場したが、ファントムV2アンカーV2の前に敢えなく撃破された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
長距離航行・精密射撃形態に変形可能。
サイコミュシステム
パイロットの感応波を機体に伝達するシステム。これによって機体を遠隔操作を可能とし、能力次第では3機同時操作出来るとされるが、その精度の程は不明。

武装・必殺攻撃[編集]

ニードル・ヴェスバー
オリジナルのバイラリナと同じく脚部に備えた可変速ビーム・ライフル。出力は75%に抑えられているが、その威力は宇宙戦国時代において強力無比な物である事に変わりはない。
ビーム・ファン
両腕部に1基ずつ、計2基を内蔵している。本機は接近戦を得意とする機体ではないので、緊急用の装備としての性格が強い。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

バイラリナ
ベース機。

商品情報[編集]

リンク[編集]