バリスティックザク

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
バリスティックザク
外国語表記 BALLISTIC ZAKU
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ (ガンプラ)
型式番号 MS-06BR
主動力 プラフスキー粒子
装甲材質 プラスチック
原型機 HG ORIGIN シャア専用ザクII
ビルダー ユウキ・タツヤ
ファイター シャア・アズナブル (疑似人格AI)
テンプレートを表示

概要[編集]

ユウキ・タツヤザクアメイジングの後継機として製作したガンプラ。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場するモビルスーツ「シャア専用ザクII (THE ORIGIN版)」のガンプラ「HG GUNDAM THE ORIGIN 1/144 シャア専用ザクII」をベースに、メイジンとしての技巧を極限までに活かした作り込みがなされている。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムビルドファイターズ バトローグ
初登場作品。第1話で登場し、タツヤによってファイターにシャア・アズナブル[1]の疑似人格AIが設定された。アラン・アダムズによってリボンズ・アルマークの疑似人格AIが設定された(バトル中、アムロ・レイに変更)リバーシブルガンダムとバトルし、AI同士のファイトであったものの引き分けにまでもつれこんだ白熱した闘いを演じた。
ガンダムビルドファイターズA-R

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビームライフル
ナイチンゲールの物と同一の大型ビームライフル。非使用時はバックパックの左側面に懸架される。
ダブルビームトマホーク
グリップが伸縮可能な両刃型のビームトマホーク。非使用時は折り畳んで腰背部に懸架される。
ザク・バズーカ
主にザク系列機が用いる対艦用バズーカ。マガジンが無いタイプである事から、元キットのMS用バズーカA2型ではなく「HGUC ザクII」等のザク・バズーカを用いている事が分かる。
ヒート・ホーク
手斧型の格闘戦闘用兵器。刃の部分を高熱化することで対象を溶断する。非使用時は右腰部サイドアーマーに懸架される。
クラッカー
対モビルスーツ用の投擲兵器。リバーシブルガンダムのエグナーウィップを迎撃する際に用いた。
35mmバルカン砲
肩部に2門内蔵されている。
ファンネル
サザビーに搭載されている物と同形状のファンネル。右肩シールドに懸架されたポッドに3基搭載されている。
スパイクアーマー
左肩のスパイクアーマーを取り外し、拳に装備することでナックルガードになるオリジナルギミックが追加されている。

対決・名場面[編集]

リバーシブルガンダム
『GBF バトローグ』第1話より、リボンズ操るリバーシブルガンダムとのバトル。とめどないビーム攻撃と変形を駆使して迫り来るリボンズに対し、シャアは俊敏な動きと臨機応変な立ち回りで激しい攻防戦を展開。宇宙空間に出たところで『1st』第2話の戦いを髣髴とさせるどてっ腹へのキックでリボンズを追い詰める。しかしアダムズの施した悪戯によってリボンズのAIがアムロのAIへと変更され、再び立ち上がったガンダムとの格闘戦に移行。機体の損傷を意に介さず死闘を演じ、最後は互いの刃がそれぞれを貫き、勝負は引き分けに終わった。

関連機体[編集]

シャア専用ザクII (THE ORIGIN版)
原型機。使用キットは「HG GUNDAM THE ORIGIN シャア専用ザクII」。
ザクアメイジング
前任機。
ナイチンゲール / ザクII
これらのキットから手持ち武装を一部流用している。

余談[編集]

  • 現状ではナイチンゲールの1/144キットが発売されていないため、完全再現のためには自作かキット化を待つ必要がある。
  • 武器セットであるガンプラ「HGBC 1/144 バリスティックウエポンズ」にはキットオリジナル武器として「HGBF 1/144 リバージブルガンダム」の一部パーツを流用したバズーカと同キットのGNハンドガンを流用したライフルが付属している。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

【機体本体用】

【武器用】

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 声優は池田秀一氏の都合により、OVA「哀しみのアルテイシア」で本物のシャア・アズナブル役を演じた関俊彦氏が担当した。