マグアナック

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
マグアナック
外国語表記 Maganac
登場作品
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 WMS-03
全高 16.4m
重量 7.4t
装甲材質 チタニュウム合金
アビリティレベル
(※リーオーをオールレベル100として換算)
ファイティングアビリティ
レベル110
ウエポンズアビリティ
レベル110
スピードアビリティ
レベル100
パワーアビリティ
レベル100
アーマードアビリティ
レベル100
開発組織 中東諸国
所属 マグアナック隊
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

マグアナック隊で運用されている局地戦用モビルスーツ。機体名称はタガログ語で「家族」を意味する。

地球圏統一連合の支配を快く思わない中東諸国が開発した機体で、局地戦を想定している。機体性能自体はリーオーと大差ない程度だが、局地戦用の機体であるため防塵措置等が施されており、過酷な環境下での運用に耐えうる信頼性を有する機体となっている。また、汎用性にも優れており多少の改造で宇宙戦にも対応が可能である。その高い汎用性を利用して本機に搭乗するパイロットは独自のカスタマイズを施しており、マグアナック隊には完全に同一の仕様の機体は存在しないとされている。もちろん、何のカスタマイズも施されていない一般機も存在している。本機のカメラはモノアイタイプで本機の他にはハイドラガンダムにのみ見られる。

各機体の仕様 [編集]

ラシード機
部隊の隊長機としてカスタムされた機体。ショルダーアーマーの形状がガンダムサンドロックに近い物に変更されており、機体各部に装飾が施されている。また、関節部の強化も施されている。『EW』、『FT』にも登場するが、毎回機体デザインが異なっている。
アウダ機

近接戦を重視した機体。左腕部にガンダニュウム合金製の大型クローを装備しており、ショルダーアーマーの形状が可動重視の物に変更されている。また、リアアーマーがスラスターを内蔵している物に変更されている。

アブドル (アブドゥル)機
防御力を重視した機体。ショルダーアーマーが非常に大型化しており、アーマーの先端にはスラスターが内蔵されている。また、頭部にサブカメラが追加されている。EW版では頭部にコブラの装飾が施されている。
アフマド機
機動性を重視した機体。バックパックが高機動型に変更されている。また、ショルダーアーマーやサイドアーマーが大型化している。
その他
他にも左腕部を大型ライフルに換装した機体や両肩部にキャノン砲を装備した機体等が確認されている。

登場作品と操縦者[編集]

新機動戦記ガンダムW
第1話にてカトルガンダムサンドロックと共にマグアナック隊の機体が初登場。登場回は少ないものの、優れた連携によって最後まで誰一人欠けることなく生き抜いている。
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
石垣純哉氏によるリデザインが行われた。作中ではエピローグでガンダムサンドロック改 (EW版)と共に一枚絵が一瞬だけ登場するのみ。サンドロックに倣って全機がマントを羽織っている。
新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop
石垣純哉氏によりFT版デザインが描かれた。ラシード機以外はモビルドールとして運用されており、特にカスタマイズも施されていない。作中ではカトリーヌにより遠隔操作され、プロメテウス強奪のための囮役に利用された。
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光
上記FT版デザインと共に、作画参考用の準備稿が新たに描かれた。『EW』では一枚絵のみだったのに対し、こちらはアレンジを加えた上で全身像が描かれている。作中にも同様のデザインで登場し、サンドロックと共に活躍している。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビームライフル
本機用に開発されたライフル。上部にセンサーがあり、下部にはエネルギーパックが装備されている。威力はリーオーを一撃で撃破できるくらいある。エネルギーパック1つにつき約20発の射撃が可能。
ヒートトマホーク
手斧型の格闘戦闘用兵器。刃の部分を高熱化することで対象を溶断する。投擲武装としても使用可能。
シールド
ジョイントパーツを介して腕部に装備されるシールド。表面にはリアクティブアーマーを増設することが可能。
バルカン砲
ラシード機の頭部に2門内蔵されている機関砲。『EW』の機体は標準装備となっている。
クロー
アウダ機の左腕部に装備されているガンダニュウム合金製の大型クロー。
実体弾ライフル
携行式の実弾ライフル。
大型ライフル
左腕部を換装して装備する実弾ライフル。携行式に比べ威力が高い。
ビームサーベル
格闘用のビーム兵装。バックパックに装備している機体が確認されている。
180mmキャノン砲
両肩部に装備されるキャノン砲。「TV版」の機体が装備しているのが確認できる他、『EW』のアフマド機が装備している。
サーベル
『FT』に登場したラシード機が装備している実体剣。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

オリファント
本機をベースに開発された砲撃用モビルスーツ。
マグアナック・シナバー
ガンダムビルドダイバーズ』に登場したガンプラ。ラシード機、アウダ機、アブドル機、アフマド機のそれぞれの特徴を取り入れた機体となっている。
リーオーNPD
『ガンダムビルドダイバーズ』に登場するリーオーをベースとしたガンプラ。頭部バリエーションの一つに本機の頭部と思われる物が含まれている。
ガンダムサンドロック
当該機との連携を想定している。

余談[編集]

  • ガンプラ「HGAC 1/144 ガンダムサンドロック」発売のための前段階として、2019年4月20日に「HGAC 1/144 マグアナック」として初のキット化を果たす。さらに同年5月にはネームド機4機との組み合わせでマグアナック隊を再現できる「HG 1/144 マグアナック36機セット」という脅威の詰め合わせキットが受注受付を開始。冗談みたいな内容だが売れ行きは上々で、再販まで行われるほどだった。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]