ガンダムサンドロック

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

XXXG-01SR ガンダムサンドロック(Gundam Sandrock)[編集]

オペレーション・メテオで地球に降下した5機のガンダムの1機。L4コロニーでH教授の手により開発された。地上での格闘戦を想定して開発された機体で、5機のガンダムの中で最も厚い装甲を誇る。

ガンダムパイロットを宇宙に打ち上げる際、敵の攻撃を阻止する為、自爆させられた。カトルはこの機体に並々ならぬ愛情を注ぎ、自爆させた時は涙を流した。爆破した機体はOZの手により修理され、後にサリィ・ポォの協力でマグアナック隊が奪取し、カトルはサンドロックと再会を果たすことになる。

その後、ハワードによって宇宙戦に対応したガンダムサンドロック改に改修される。

登場作品と操縦者[編集]

新機動戦記ガンダムW
パイロットはカトル・ラバーバ・ウィナー

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

自爆装置
各ガンダムに搭載されている自爆システム。サンドロックの場合は他の4機と異なり、作動直後にコックピットの扉が開き、パイロットを脱出させた後、自爆に巻き込まないようにある程度前進するプログラムが組み込まれている(H教授が独自に組み込んだものである)

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン
ホーミングミサイル
胸部に2発内蔵。
ヒートショーテル
刃を白熱させて敵を切り裂く。
シールド
目眩まし用のフラッシュを内蔵。
クロスクラッシャー
シールド、バックパック、ヒートショーテルを組み合わせ、腕に装備する粉砕武器。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムサンドロック (EW版)
ガンダムサンドロック改
サンドロックを宇宙用に改修した機体。バックパックが宇宙用のものに換装されたため、クロスクラッシャーが使えなくなった。代わりに、ビームサブマシンガンが装備されている。
ガンダムサンドロック改 (EW版)
シェヘラザード
MC歴時代に登場する機体。アラビア風の短剣「ジャンビーア」を装備していることから、サンドロックの意匠を受け継いだ機体と思われる。未だ未完成。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]