ガンダムサンドロック (EW版)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムサンドロック (EW版)
外国語表記 Gundam Sandrock [Endless Wartz Ver.]
登場作品 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 特殊作戦用モビルスーツ
型式番号 XXXG-01SR
頭頂高 16.5m
本体重量 7.5t
装甲材質 ガンダニュウム合金
開発者 H教授
所属 未所属
主なパイロット カトル・ラバーバ・ウィナー
テンプレートを表示

概要[編集]

カトキハジメ氏によるリデザイン版ガンダムサンドロック。機体形状はガンダムサンドロック改 (EW版)から逆算する形になっているため、全体的にスマートになっている。機体カラーはTV版に準拠しているが、黒がグレーに変更されている。また、自爆後に修復された際には改と同じ薄紫を基調としたカラーに変更された。

武装はホーミングミサイルがオミットされている以外TV版と変わりないが、ヒートショーテルの刀身は大型化しており、クロスクラッシャーがシールドとヒートショーテルのみで構成されるように変更されている。また、追加装備として「アーマディロ」が存在する。

デザインの公表後、しばらくは「アーリータイプ」もしくは「Ver.Ka」と表記されていたが、『EW』の前日譚である『敗者たちの栄光』の連載に伴い「EW版」に統一された。

登場作品と操縦者[編集]

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
劇場版パンフレットに掲載されたカトキハジメ氏の描き下ろしイラストが初出。同じくデザインが一新された4機のガンダと共に描かれている。
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光
「EW版」として正式に登場。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

自爆装置
各ガンダムに搭載されている自爆システム。サンドロックの場合は他の4機と異なり、作動直後にコックピットの扉が開き、パイロットを脱出させた後、自爆に巻き込まないようにある程度前進するプログラムが組み込まれている(H教授が独自に組み込んだものである)。
アーマディロ
着脱式の追加装甲。両肩にはマグアナックのシールドを装備している他、高高度跳躍用の補助ブースターを内蔵している。Ver.2ではシールドをマウントアームで保持する方式に変更し、その上からミサイルポッドを装着している。また、フロントアーマーの形状が変化している。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
ヒートショーテル
エチオピアの刀剣ショーテルをモデルとした2振りの大型の曲刀。刃の赤熱化が可能な他、投擲武器としても使用可能。非使用時はグリップを折り畳みバックパックに懸架する。
ビームサブマシンガン
取り回しのよい小型のビーム射撃兵装。非使用時にはリアアーマーにマウントされる。
シールド
コブラの頭をモチーフにしたガンダニュウム合金製シールド。コブラの目にあたる部分はフラッシュが内蔵されており、敵機の目を眩ませることができる。
クロスクラッシャー
シールドに2振りのヒートショーテルを合体させた状態。対象を挟み込んで確実に切断する。
ビームライフル
高出力のビームライフル。ウイングガンダム (EW版)のバスターライフルと同じくエネルギーカートリッジを備えている。

アーマディロVer.2装備[編集]

ミサイルポッド
シールド上から装備されるミサイルポッド。計40発搭載されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムサンドロック
TV版デザインの本機。
ガンダムサンドロック改 (EW版)
強化改修機。
ガンダムサンドレオン
サンドロックの量産型。
ウイングガンダムプロトゼロ
本機の設計の基となった機体。
シェヘラザード
H教授が本機以前に開発していた機体を、ドクトルTが再建造した機体。密接戦に特化している。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]