2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ウイングガンダム (EW版)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウイングガンダム (EW版)
外国語表記 Wing Gundam EW
登場作品 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 特殊作戦用可変モビルスーツ
型式番号 XXXG-01W
頭頂高 16.3m
重量 7.1t
装甲材質 ガンダニュウム合金
アビリティレベル

(※リーオーをオールレベル100として換算)

ファイティングアビリティ
レベル130
ウエポンズアビリティ
レベル140
スピードアビリティ
レベル150
パワーアビリティ
レベル120
アーマードアビリティ
レベル130
開発者 ドクターJ
所有者 ヒイロ・ユイ
主なパイロット ヒイロ・ユイ
テンプレートを表示

概要[編集]

カトキハジメ氏によるリデザイン版ウイングガンダム。本体の形状がウイングガンダムゼロ (EW版)とほぼ同じスマートかつシャープな外見になっており、背部のウイングが大型化している。カラーリングはTV版デザインを踏襲したトリコロールカラーになり、武装の形状が変化している。

デザインの公表後、しばらくは「アーリータイプ」もしくは「Ver.Ka」と表記されていたが、『EW』の前日譚である『敗者たちの栄光』の連載に伴い「EW版」に統一された。

登場作品と操縦者[編集]

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
劇場版パンフレットが初出。同じくデザインが一新された4機のガンダと共に掲載されている。なお、掲載されているイラストは公表後に立体化された物とやや配色が異なっている。
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光
主役機を務める。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
バード形態に変形する。

武装・必殺攻撃[編集]

マシンキャノン
両肩部に計2門内蔵されている近~中距離用の実体弾兵器。胸部のサーチアイ、頭部のツインアイと頭頂部のセンサーによるマルチターゲッティングシステムとの連動により、トリガー操作以外の挙動は自動化されている。
バスターライフル
ツインバスターライフルをデチューンした武装。武器設定は基本的にTV版と同じだが、銃身は機体の全高並みに大型化している。装弾数は3発と非常に少なく、予備カートリッジ2基を合わせても9発までしか撃つ事ができない。
ビームサーベル
近接戦闘用の斬撃武器。シールド裏に1基装備している。ビーム刃表面の電離層によりビーム刃が水分子と隔離されるため水中でも使用が可能。
シールド
バード形態時の機首を兼ねているガンダニュウム合金製のシールド。裏面にはバスターライフル用の予備カートリッジが3基装備されている。

オプション装備 [編集]

メッサーツバーク
本来はツインバスターライフルの強化ユニット。本機が使用するものはプロトゼロのゼロシステム内の設計データからコピーされた急造品となっている。本来はガンダニュウム合金製であるものの、同合金が地球での調達が困難である事から別の素材を使用しており、バスターライフルの一回の発射で自壊する程、耐久性が低い。バスターライフルへの未装着時には前腕のパトロンに装着され、この状態でバード形態に変形した場合、猛禽類の爪を彷彿とさせる外見となる。
『敗栄』ではビルゴプラネイトディフェンサーに対する対抗策としてヒイロの手で製作され、ビルゴ部隊の殲滅に一役買っている。
ドライツバーク
メッサーツバークを3丁組み合わせた状態。
ドライツバークバスター
ドライツバークをバスターライフルに装着した状態。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ウイングガンダム
TV版デザイン。
ウイングガンダム エンドレスワルツバージョン
石垣純哉氏が本機デザインの公表以前にデザインしたEW版風ウイング。
ウイングガンダムゼロ (EW版)
『EW』の世界観におけるウイングガンダムゼロ。本機はここから逆算したデザインとなっている。
ウイングガンダムプロトゼロ
本機の設計の元。5機のガンダムの内もっとも強く設計思想が反映されている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア [編集]

リンク[編集]