ウイングガンダムゼロ (EW版)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウイングガンダムゼロ (EW版)
外国語表記 Wing Gundam Zero [Endless Waltz Ver.]
登場作品
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 高性能実験型モビルスーツ(『敗栄』では可変モビルスーツ
型式番号 XXXG-00W0
頭頂高 16.7m
本体重量 8.0t
ジェネレーター出力 3,732kW
スラスター総推力 88,150kg
装甲材質 ガンダニュウム合金
開発者 カトル・ラバーバ・ウィナー
所有者 ヒイロ・ユイ
主なパイロット ヒイロ・ユイ
テンプレートを表示

概要[編集]

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz用にカトキハジメ氏によってリデザインされたウイングガンダムゼロ。TV版のトリコロールカラーから、白と青を基調とした色合いに変更され、マスクもTV版ゼロの特有なマスクではなく、通常のガンダムマスクに変更されている。

TV版からの大きな変更点として、ネオ・バード形態への変形機構のオミット(『敗栄』では変形可能)と、TV版の機械的な翼(ウイングスラスター)から、天使の翼のような形状に変更されている事。またこの翼は2対になっており、前方の1対:主翼(ウイングバインダー)は可動範囲が広く、機体の前面に展開する事で敵の攻撃を防御することができ、大気圏突入時のシールドとしても使用される。後方の1対:副翼にはバーニアが取り付けられており、これにより大気圏内での飛行が可能になっている。また、『EW』劇中では本機が移動する際に天使のような白い羽が舞い散る演出が成されている[1]

TVシリーズとEndless Waltzをつなぐストーリーを漫画作品『新機動戦記ガンダムW BATTLEFIELD OF PACIFIST』にて語られているが、この作品内ではガンダムのデザインはEndless Waltz版のものが採用されている。

なお、本来の名前は「ウイングガンダムゼロ」だが、書籍や映像作品などの各媒体においては便宜的に「~カスタム」「~(EW版)」といった名称が使われている。プラモデル発売において商品名の混同をさけるために商品名『ウイングガンダムゼロカスタム』とされたが、詳細な設定を知らない人達にとっては「TV版ウイングガンダムゼロのカスタム機」と、逆に混乱させることになってしまった。

『敗栄』ではTV版のウイングガンダムゼロにあたる機体がウイングガンダムプロトゼロとなっており、本機はその機体を改修した機体であるため「ウイングガンダムゼロカスタム」といっても間違いではない。

登場作品と操縦者[編集]

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
初登場作品。ヒイロ・ユイが搭乗。
五飛の駆るアルトロンガンダムと激闘を繰り広げた末、海に墜落する。最後は大統領府の核シェルターをツインバスターライフルにより破壊するが、中破した状態の本機はサーペントの集中攻撃とツインバスターライフルの反動により大破した。
新機動戦記ガンダムW BATTLEFIELD OF PACIFIST
GUNDAM EVOLVE
「EVOLVE../7」に登場。時間軸は『EW』の後日談にあたる。コロニー型キャノンの破壊任務で同コロニーに潜入したヒイロがそこで回収・修復後に隠蔽されていた本機を発見・搭乗し、コロニーから脱出。追撃してきたビルゴII部隊を撃破し破壊任務を完了させた。
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ゼロシステム
超高度な情報分析と状況予測を行い、毎秒毎瞬無数に計測される予測結果をコクピットの搭乗者の脳に直接伝達するインターフェース。
『EW』劇中でも発動しているが、ヒイロはその指示を全て無視。シェルター狙撃時にはモニター表示からシステムをオフにしている事が確認できる。
変形
大気圏突入形態またはネオバード形態に変形。後者は『敗栄』のみで使用。

武装・必殺攻撃[編集]

マシンキャノン
両肩に左右一対2基内蔵された4銃身式のバルカン砲。
バスターライフル
本機の主兵装。内側側面同士を直結させる事でツインバスターライフルとして使用可能。
ツインバスターライフル
バスターライフルを2挺直結させたウイングゼロ最強の武器。『EW』劇中のクライマックスで大統領府のシェルターシールドを正確に射撃して貫いた。
ビームサーベル
近接戦闘用の斬撃武器。両副翼の懸架アーム内のラッチに1基ずつ格納されている。
ウイングバインダー
シールドとして機能する主翼。平常時はこのウイングバインダーの裏側にツインバスターライフルが分割された状態で収納されている。
メッサーツバーク
ツインバスターライフルの強化ユニット。通常は3基を銃身に装着したドライツバークバスターとして使用する。『敗栄』で装備する。
ウイングシールド
『敗栄』で使用。ネオバード形態時の機首を兼ねており、空力を考慮した流線型のフォルムを持つ。先端部は伸縮構造となっており、敵への打突攻撃の他、機体冷却用の放熱装置としても機能する。
ビームライフル (ビルゴII用)
『GUNDAM EVOLVE』で使用。

技・必殺技 [編集]

ローリングバスターライフル
分割したバスターライフルを水平に持ち、機体を回転させながら敵機を薙ぎ払う。カトルがTV版ゼロで暴走していた際に放った攻撃がモチーフであり、主にゲーム作品で必殺技として採用されている。

対決・名場面[編集]

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz[編集]

最後の勝利者
劇中の冒頭、TV版49話にあたるシーンの中で、大気圏に突入しながらリーブラを打ち抜く本機の雄姿が見られる。
アルトロンガンダム
地球に向かうヒイロのゼロであったが五飛のナタクに行く手を阻まれる。
ファイナルシューティング
リリーナを人質にしたマリーメイア軍の立て込もった大統領総督府の地下シェルターに対して、バスターライフルの連続射撃を行った。見事シェルターに穴を開け、リリーナ救出を果たすも、五飛との激闘で破損していた機体はその衝撃に耐え切れず、大破した。

関連機体[編集]

ウイングガンダムゼロ
本機のデザイン元であるTV版デザインのウイングゼロ。
ウイングガンダム (EW版)
『EW』の世界観におけるウイングガンダム。本機から逆算したデザインとなっている。
ウイングガンダムセラフィム
漫画『ティエルの衝動』の主役機。パイロットは同作の主人公であるティエル・ノンブルー。青と白を基調とし、ところどころエメラルドグリーンというカラーリング。ウイングバインダーが収納式で、腰部に取り付けられている。一般兵士に対応した「ゼロシステムver2.5」を搭載。またツインバスターライフルは一丁だけのバスターライフルとなっている。
ガンダムルシフェル
漫画『新機動戦記ガンダムW ~ティエルの衝動~』。セラフィムの試作実験機。グレーを基調としたカラーリング。欠陥プログラム「ゼロシステムver2.0」を搭載し暴走する。
ウイングガンダムプロトゼロ
漫画版である『敗者たちの栄光』に登場する機体。デザインはTV版を準拠している。
アニメと同じく父を失ったカトルによって作成され、のちに機体を鹵獲したトラント・クラークによってゼロシステムの検証に使われる。しかしゼロシステムによって恐慌状態に陥ったトラントが自爆させてしまい、最終的には駆け付けたハワードが回収。ピースミリオンで改修され、現在の形になった。
白雪姫 (スノーホワイト)
ウイングガンダムプロトゼロに酷似した機体。
ウイングガンダムスノーホワイトプレリュード
白雪姫のプロトタイプに当たる機体。本機に酷似した機体形状を持つ。
トールギスF (フリューゲル)
本機と同型の4枚のウイングユニットを装備している。
ウイングガンダムゼロルシファー
ビルドダイバーズ GBWC』に登場する本機ベースの改造ガンプラ。ウイングバインダーにメッサーツバークが8基装備されており、バスターライフルには銃剣が追加されている。
ウイングガンダムゼロリベリオン
スマホゲーム『スーパーロボット大戦DD』における『EW』とロボットアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』のコラボイベント「クロッシング・パイロット 第2弾」で登場したカラーバリエーション機。機体カラー設定がカトキハジメ氏によって行われており、後者のアニメに登場する主役機「蜃気楼」に準じた配色となっている。詳細はスーパーロボット大戦Wikiの当該記事[2]を参照。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア [編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 後にガンプラ「RG 1/144 ウイングガンダムゼロ EW」の拡張パーツとして立体化した際には商品名として「セラフィムフェザー」が用いられている。
  2. スーパーロボット大戦Wiki:ウイングガンダムゼロリベリオン