2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

マリーメイア・クシュリナーダ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

マリーメイア・クシュリナーダ(Mariemeia Kshurinada)[編集]

トレーズ・クシュリナーダの娘であり、デキム・バートンの孫の少女。デキムが地球圏支配を画策した際に、御輿として担ぎ出される。

ただし、デキムが今際の際に口走った台詞からすると、彼女はトレーズの娘では無いとも取れるが……デキムが死んでしまい、真相は闇の中。

AC世界のミネバ・ラオ・ザビといえる存在である。

登場作品と役柄[編集]

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz

人間関係[編集]

トレーズ・クシュリナーダ
父(?)。
デキム・バートン
母方の祖父。
リリーナ・ドーリアン
父の前任の世界国家元首。その影響力に眼をつけて拉致するが…。
レディ・アン
父の側近。窮地を助けられる。
ヒイロ・ユイ
実は、両親の馴れ初めを作ったのはこの男だったりする。
ルクレツィア・ノイン
同じく両親の馴れ初めを作った1人。
トロワ・バートン
叔父。我々の知るヘビーアームズパイロットではなく、本物のトロワ・バートンの方。「名無し」のトロワの方は、劇中では互いの面識の描写すら存在せず、彼の方がマリーメイアの赤ん坊のころの写真を見たことがある程度。
大統領
地球圏統一国家の大統領。原作中では官邸制圧前に脱出したために、マリーメイアと面識を得るには至らなかった。
ドロシー・カタロニア
父方の親戚。劇中では互いの面識の描写は無く、民衆の反マリーメイア運動を扇動・支援したりと、むしろ敵対関係にあった。

名台詞[編集]

「例えるなら、歴史というものは終わらないワルツのようなものです。戦争、平和、革命の三拍子がいつまでも続く」
Endless Waltz』の由来となる台詞。
「勿論です。あなた達の無力さを思い知りなさい」
Endless Waltz』最終盤で。マリーメイアの本拠であるシェルターの前に現れたヒイロ・ユイからの通信に答えて。完全な挑発だが、これに対してヒイロは「了解した」と最大出力のツインバスターライフルで砲撃を叩きこむ。

搭乗機体・関連機体[編集]

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]