ヤマギ・ギルマトン

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

ヤマギ・ギルマトン(Yamagi Gilmerton)[編集]

鉄華団の創設期から参加している年少組の1人。同年代のタカキライドとは対照的に寡黙で物静かな人物であり、機械整備を得意とする一面からMSの整備部門を請け負っている。
荒くれ者の目立つ鉄華団の中では有数の繊細な人物であり、戦場に赴く事が出来ない自らに無力さを感じる一方でメカニックとして出来る限りの事をする努力家。また、戦闘での犠牲者を弔う際の弔砲に化学燃料を応用した「氷の華」を提案するなど博識な一面も覗かせる。
団員たちの中でもを愛用するシノとは特に接点が多く、そのためか幾度となく彼の事を気に掛けていたりする。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
当初は三日月オルガと同じくCGS参番組の一員であり、タカキやライド達と共に大人連中のいびりに耐え続ける毎日を送っていた。しかしギャラルホルンの襲撃に際して雪之丞達と共にガンダム・バルバトスの整備を引き受けており、その後新たに発足した鉄華団の一員となった。
その後はタービンズとの提携、ブルワーズとの交戦を経て戦力増強された鉄華団の機体整備を新たに担う事になり、その中でシノが新たに受領した流星号を任されることになった。
エドモントンの戦い以降は火星に戻り、デイン・ウハイをはじめとした新人整備班の先輩としてこれまで通りの整備業務に邁進する事になる。その後、ハシュマルが現れた際にはロールアウトしたガンダム・フラウロスにシノと共に同乗(シノはレールガンの使い方が分からなかったため、無理に引きずり込まれた)。二人でハシュマルを砲撃し、随伴するプルーマの群れと分断する事に成功した。

人間関係[編集]

鉄華団[編集]

オルガ・イツカ
鉄華団の代表であり、自分達を引っ張っていく良きリーダーでもある人物。
ノルバ・シノ
自身が担当するの専任パイロット。鉄華団結成当初から何かと目を掛けられており、ヤマギ自身も彼に対しては色々と心配したり世話を焼いたりしている。
タカキ・ウノライド・マッス
ヤマギと同年代の年少組パイロット達。CGS時代からの付き合いであり、正反対の性格でありつつも親交は深い。
ナディ・雪之丞・カッサパ
整備班長にして上司。CGS時代から参番組に親切な数少ない大人で、鉄華団結成後も共にMS整備を担っている。
デイン・ウハイ
エドモントン戦以降、新たに参入した新人整備班の1人。大柄な外観に似合わず細やかな作業を得意としており、ヤマギにとっては良き後輩にあたる。

テイワズ[編集]

エーコ・タービン
タービンズとの友誼の折から鉄華団に協力してくれる整備班員。エドモントン戦以降はラフタアジーと共に火星に出向しており、ヤマギや雪之丞と共にMS整備を担っている。
歳星の整備班長
テイワズの本拠地『歳星』に勤務するMS整備班の班長。ガンダム・フレームに関して造詣が深く、また整備班員としての腕も確かであるため、歳星に来た時は共に仕事をする事も少なくない。

名台詞[編集]

「…嫌だよ。あれ結構細工が面倒だし、金もかかるし、そうちょくちょく葬式出されたらたまらない」
ブルワーズとの戦いの後、弔砲として宇宙に放った氷の華。それを見たシノは、自分が死んだときもあんな風にしてほしいと頼んだが……ヤマギは逆にこの言葉で断っていた。本心では死んでほしくないと思いつつも、こんな風にしか言えないヤマギのもどかしさが滲み出ている。
「はぁ。 ほんとシノがいっつも無茶ばっかするんだから………バカ」
34話の次回予告より

搭乗機体・関連機体[編集]

CGSモビルワーカー(地上型)
CGS時代に参番組が運用していた主力機。
流星号獅電改ガンダム・フラウロス
シノが搭乗する歴代の『流星号』。ヤマギ自身が整備を請け負った事もあって、彼にとっても馴染みのある機体。