ユニオンブラスト

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユニオンブラスト
外国語表記 Union Blust
登場作品
デザイナー 福地仁
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型可変モビルスーツ
型式番号 YMS-02
主動力 バッテリー
装甲材質 Eカーボン
開発組織 ベル・ファクトリー社
所属 ユニオン
主なパイロット スレッグ・スレーチャー
テンプレートを表示

概要[編集]

ベル・ファクトリー社が開発したユニオン軍の試作型モビルスーツユニオンリアルドをベースに強化した機体である。

設計思想はリアルドと変わらず空戦を重視しており、可変は基地での換装を必要としている。可変機構は変更されており、腕部が機体後部に移動し脚部が前進翼になる。出力と旋回性能が上がっており、競合機であるユニオンフラッグと比べ飛行形態の性能は優っていたものの、モビルスーツ形態の性能は劣っていた。そのためフラッグに総合性能では不利な機体であった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00 アナザーストーリー「Road to 2307」
テストパイロットはスレッグ・スレーチャー
グラハム・エーカーの搭乗するフラッグと模擬戦を行い、敗北して墜落。機体は失われている。
機動戦士ガンダム00N
飛行形態時の性能はフラッグを凌駕していたものの総合性能では劣るとされ、上記の模擬戦の結果もあって制式採用はされなかった。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
飛行形態へ変形可能。戦闘中の変形は不可能。

武装・必殺攻撃[編集]

リニアライフル
本機の主兵装。飛行形態時には機首になる。形状はユニオンリアルドの物と異なり、後にオーバーフラッグに装備されるトライデントストライカーに近い。
機銃
胴体部に1門内蔵。口径は不明。主に対人兵器や牽制などに使用されると思われる。
ディフェンスロッド
腕部に装備される棒状の防御兵装。ロッドを回転させる事で実弾を弾く。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ユニオンリアルド
ベース機。
ユニオンフラッグ
次期主力候補の競合機。

リンク[編集]