黒い三連星専用高機動型ザクII (THE ORIGIN版)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒い三連星専用高機動型ザクII (THE ORIGIN版)
外国語表記 Black Tristar's Zaku II High Mobility Type
登場作品 機動戦士ガンダム THE ORIGIN
デザイナー 安彦良和(漫画版)
カトキハジメ(アニメ版)
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙用量産型モビルスーツ
型式番号 MS-06R-1A
全高 17.5m
全幅 9.5m
主動力 熱核融合炉
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオン公国軍
所属組織 ジオン公国軍
所属部隊 黒い三連星
主なパイロット ミゲル・ガイア
マッシュ
オルテガ
テンプレートを表示

概要[編集]

ザクIIF型 (THE ORIGIN版)をベースに開発されたR-1A型の黒い三連星専用機。チームカラーである黒と紫に塗装されている。

基本的な機能は正史における高機動型ザクII (R-1A型)と同じ。だが、本機が開発された時期は異なっており、ルウム戦役時には既に完成している。

機体カラーや機体番号は正史の黒い三連星専用高機動型ザクIIと変わりないが、パーソナルマークが3つの黒い星に変更されており、頭部やシールド、スパイクアーマーに描かれている。機体によって装備が異なっており、ガイア機が両肩をシールドにしておりMS用バズーカA2型の予備弾倉をシールドに装備、マッシュ機はMS用対艦ライフルASR-78を装備、オルテガ機はジャイアント・ヒート・ホークを装備している。

THE ORIGIN』においてはR型の試作機であるRP型や本機の前身にあたるR-1型は設定されておらず、F型をベースに空間戦闘に特化して開発された機体となっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

MS用バズーカA2型
ガイア機が装備する対艦用の大型バズーカ。A2型とは後部にマガジンが追加されたタイプのことであり、従来のバズーカはA1型である。
MS用対艦ライフルASR-78
マッシュ機が装備する対艦用ライフル。敵艦の装甲を貫いた後に内部に散弾を撒き散らす特殊弾などを高初速で発射することができる。
ジャイアント・ヒート・ホーク
オルテガ機が装備する大型のヒート・ホーク。その大きさは通常の約4倍であり、凄まじい破壊力を生み出す。その反面取り扱いが難しく、チームのフォーメーションがあってこその武器と言える。
MS用マシンガン
ドラムマガジン式のマシンガン。
ヒート・ホーク
手斧型の格闘戦闘用兵器。刃の部分を高熱化することで対象を溶断する。腰部に装着される際には柄が伸縮する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザクIIF型 (THE ORIGIN版)
原型機。
黒い三連星専用高機動型ザクII
正史における本機。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]