「ジュラッグ」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
 
35行目: 35行目:
 
:両肩部に2門内蔵されている機関砲。
 
:両肩部に2門内蔵されている機関砲。
 
;ビームマシンガン
 
;ビームマシンガン
:ショートバレルのビーム射撃兵装。
+
:小型のビーム射撃兵装。
 
;ビームサーベル
 
;ビームサーベル
 
:近接用のビーム白兵武装。
 
:近接用のビーム白兵武装。
 
;スレッジ
 
;スレッジ
:脚部に装着されるスノーボード状のオプション装備。雪上での高速移動が可能となる他、シールドとしても機能する。
+
:脚部に装着されるスラスター付きスノーボード状のオプション装備。雪上や地上での高速滑走移動が可能となる他、シールドの代用品としても機能する。
  
 
== 対決・名場面 ==
 
== 対決・名場面 ==

2019年9月14日 (土) 11:49時点における最新版

ジュラッグ
外国語表記 Juracg
登場作品 機動新世紀ガンダムX
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
通称 ポーラ・ベアー
分類 量産型モビルスーツ
型式番号 RMS-007G
頭頂高 16.3m
重量 6.9t
開発組織 宇宙革命軍
所属 宇宙革命軍
フォートセバーン
主なパイロット エニル・エル、他
テンプレートを表示

概要[編集]

宇宙革命軍(旧革命軍)が開発した地上用量産型モビルスーツ。本機はジュラッグの寒冷地仕様で「ポーラ・ベアー(ホッキョクグマの英名)」と呼ばれる。

機体各部が寒冷地仕様に改造されており、駆動系やセンサーが改造されている。頭部のセンサーは通常の機体がスリット状であるが、本機はモノアイレールが見える物となっており、関節部には保温用のウォーマーが備わっている。脚部には雪上・地上用のオプション装備である「スレッジ」を装備可能である。

機体名称は7月(July)のもじり。型式番号はグフの型式番号のオマージュとなっている。ちなみに本機の通常仕様は確認されていない。

登場作品と操縦者[編集]

機動新世紀ガンダムX
第10話と第14話で登場。雪原での戦闘に不慣れなガロード達を翻弄した。遠目から見ればスノーボードをしている人も同然で、索敵中だったトニヤも急接近してきた本機に驚愕している。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

マシンキャノン
両肩部に2門内蔵されている機関砲。
ビームマシンガン
小型のビーム射撃兵装。
ビームサーベル
近接用のビーム白兵武装。
スレッジ
脚部に装着されるスラスター付きスノーボード状のオプション装備。雪上や地上での高速滑走移動が可能となる他、シールドの代用品としても機能する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジュラッグ
原型機。設定上存在する機体。
ジェニス
ジュラッグのベースとなった機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]