ラゴゥ

提供: ガンダムWiki
2020年8月8日 (土) 19:39時点におけるジェス中尉 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラゴゥ
外国語表記 LaGOWE
登場作品 機動戦士ガンダムSEED
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用量産型モビルスーツ
型式番号 TMF/A-803
全高 11.49m (ターレット基部含む)
本体重量 70.18t
主動力 バッテリー
開発組織 ザフト軍
所属 ザフト軍
母艦 レセップス
乗員人数 2名
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ザフト軍バクゥの上位機種として開発したモビルスーツプロトラゴゥを経て開発されており、指揮官機として少数が量産された。

バクゥを超える性能と攻撃力を持たせることを目的としていたため、機体サイズが大型化している。ザフト軍が捕獲したGAT-Xシリーズから得たデータを利用しており、ビーム兵器が標準装備されている。このビーム兵器を有効に運用するためにコックピットはガンナーを搭乗させる複座式となることが開発当初から決定していた。大型化に伴う重量増加に対応するためにスラスターロケットやジェットエンジンが追加されているが、操縦系は複雑化してしまっている。だが、複座式にしたことでパイロットは操縦に専念することが可能となり、バクゥ以上の機動性と運動性を発揮する。

武装はターレットにビームキャノンを装備しており砲撃能力が向上している他、頭部のビームサーベルと前脚のクローにより近接戦闘能力も向上している。また、頭部に大型アンテナを装備しており通信能力も強化されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED
PHASE-21(リマスター版20 PHASE-21)にて登場。砂漠での戦闘でアンドリュー・バルトフェルドアイシャが搭乗。キラ・ヤマトエールストライクガンダムと交戦し、ビームキャノンを破壊されつつも相手をフェイズシフトダウンに追い込む。最後は正面切っての斬り合いの末、アーマーシュナイダーを突き刺され撃破された。
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女
カイト・マディガンの保有する機体が登場。武装はクローを除いて外されている。ラス・ウィンスレット風花・アジャーが借りて操縦した。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

2連装ビームサーベル
頭部に装備されている近接武装。機体両サイドに発振し、すれ違いざまに切り裂く。後にバクゥの後期生産型にも採用された。
2連装ビームキャノン
背部ターレットに装備されているビーム砲。本体の大型ジェネレーターから供給されるため高い出力を持つ。
クロー
前脚に装備されている格闘用武装。試作機からそのまま採用された。

対決・名場面[編集]

エールストライクガンダム

関連機体[編集]

バクゥ
ベース機。
バクゥ バルトフェルド専用改修タイプ
試作機。
ラゴゥハイマニューバ
ジンハイマニューバと同型のスラスターで強化した機体。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア[編集]

リンク[編集]