バクゥ バルトフェルド専用改修タイプ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
バクゥ バルトフェルド専用改修タイプ
外国語表記 BuCUE Type Personal Modified for Andorew Waltfeld
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用試作型モビルスーツ
型式番号 TMF/A-802 P-Mod.W
主動力 バッテリー
開発組織 ザフト軍
所属 ザフト軍
乗員人数 2名
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ザフト軍の試作型モビルスーツラゴゥ開発にあたり製作された実験機であり「プロトラゴゥ」とも呼ばれる。実験機であるため実戦運用は想定されていなかったが、バルトフェルドが強引に徴用して専用機として運用した。

性能的には動力と駆動系を改修しており、その負荷に対応するため軽量高硬度なアラミド繊維補強プラスチック材を採用している。装甲材質も強化され、従来の機体と比較して軸出力が17%、脚を用いた最高移動速度が21%向上している。また、胴体後部にはジェットエンジンが追加され、加速力が大幅に向上した。そのため従来機を大きく凌ぐ運動性と格闘性能を獲得しているが、バランスが崩れてしまっており、操縦性は劣悪となっている。コックピットは複座式を採用しており、パイロットとガンナーの2名を必要とする。

バルトフェルドがラゴゥに乗り換えた後はジブラルタル基地にて保管されていたが、マーチン・ダコスタロウ・ギュールの窮地を救うべくイライジャ・キールに本機を託しており、最終的にはジャンク屋組合が所有することとなった。またその際に、本機は作業用に改修されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED MSV
出典元。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
背部の武装を換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

サーベルファング
頭部に2本装備されている特殊合金製のカッター。サーベルタイガーの牙を想起させる武装だが、基地施設内や市街地での運用や搬送に大きな障害が出たためラゴゥには採用されなかった。だが、ビーム兵器となった頭部ファングがケルベロスバクゥハウンドに装備されている。
脚部スパイク
前脚に装備されている格闘用スパイク。
400mm13連装大型ミサイルポッド
背部ターレットに装備されるミサイルポッド。レールガンとの選択式。
450mm2連装大型レールガン
背部ターレットに装備される2連装レールガン。ミサイルポッドとの選択式。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

バクゥ
原型機。
ラゴゥ
本機を経て開発された上位機種。

商品情報[編集]

リンク[編集]