アンヘル・ディオナ (木星決戦仕様)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンヘル・ディオナ (木星決戦仕様)
外国語表記 Angel Diona Jupiter Battle Specification
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
主動力 熱核融合炉
原型機 アンヘル・ディオナ
改修
所属 宇宙海賊クロスボーン・バンガード
主なパイロット エウロペ・ドゥガチ
テンプレートを表示

概要[編集]

鋼鉄の7人」実行にあたりエウロペが搭乗していたアンヘル・ディオナを改修した機体。部隊の司令塔として運用された。

背部の推進器はサナリィの技術班によって大型スラスターに換装されており、背部にウェポンコンテナが装備されている。ウェポンコンテナを介してミノフスキードライブを搭載しているイカロスが接続されており、木星圏までの母艦として運用された。また、エウロペの思考が光のカリストに読まれてしまう対策としてコックピットに脳波を遮断するサイコ・シールドを実装しており、スイッチ1つで切り替えが可能となっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

サイコ・シールド
コックピット周辺を覆っている脳波遮断機。ONとOFFがスイッチ1つで切り替え可能で、部分的に心を読ませることが可能。
ウェポンコンテナ
背部に2基装備されている。コンテナにはアームが装備されており、武装を直接投げ渡すことが可能。コンテナ内には予備の核弾頭やムラマサ・ブラスターが搭載されている。
ミノフスキードライブ
イカロスに搭載されている推進機関。このユニットは分離することが可能となっている。
光の翼
余剰エネルギーがイカロス前面に帆として展開されている。ビーム・シールドとして機能する他、敵機を切断することも可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
バタラのビーム・ライフル。おそらく戦場で拾った物と思われる。
ピーコック・スマッシャー
携行式の9連装ビーム砲。クロスボーン・ガンダムX1フルクロスから借用して使用した。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

アンヘル・ディオナ
原型機。
スピードキング (イカロス)
背部に接続されているミノフスキードライブユニット。

リンク[編集]