カプル

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
カプル
外国語表記 Kapool
登場作品
テンプレートを表示
カプル
分類 水陸両用量産型モビルスーツ
型式番号 AMX-109
頭頂高 14m
重量 38.7t
主動力 MY
ジェネレーター出力 3,680kW(推定値)
装甲材質 ガンダリウム合金(二重装甲)
発掘 イングレッサ・ミリシャ
所属 イングレッサ・ミリシャ
主なパイロット ソシエ・ハイム
メシェー・クン
テンプレートを表示

概要[編集]

アメリア大陸イングレッサ領のマウンテンサイクルから発掘された旧文明時代の可変モビルスーツ。複数機が発掘され、戦場でコロコロと転がりながらもイングレッサ・ミリシャの主戦力として用いられた。

外見はネオ・ジオンが開発したカプールに酷似しており、名称や機体ナンバー等は機体のコンピュータから判読された物である。データと機体そのものの寸法が異なっている[1]が、その原因は不明。また、マニピュレータがクローになっている為、ボルジャーノンフラットの武装の殆どは使い回す事が出来ない[2]

本来は水陸両用の機体であるが、特に改修せずとも宇宙空間で運用可能[3]。長らく陸戦で用いられ、水中戦で威力を発揮すると判明したのは発掘から暫く経った後、ウィルゲムマニューピチへ向かう道中であった[4]。コクピットはリニアシートであるものの、コクピット内壁の全天周囲モニターは正面と左右しか表示されない。その為、視界を確保する目的でパイロットがコクピットから身を乗り出す姿が確認されている。

登場作品と操縦者[編集]

∀ガンダム
初登場作品。ソシエやメシェーなど主に物語のヒロインが搭乗している。第4話で一度に6機も出土し、以降ミリシャの戦力として物語の終盤まで重宝された。
ガンダムビルドダイバーズ
第4話に「THE GUNDAM BASE」のレンタルガンプラとして登場。ヤシロ・モモカがレンタルしGBNで使用した。第6話ではナナセ・コウイチの製作物である事が判明し、彼をフォース・ビルドダイバーズにスカウトする切欠を作った。また、本機から得られたアイデアは後にモモカプルとして形になっている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
巡航形態に変形可能。劇中では主に輸送時の圧縮形態として利用されていた。水中用に開発された機体である事が判明した『∀』第30話で、ようやく本来の目的で使用されている。

武装・必殺攻撃[編集]

アイアンネイル
両腕先端部に備えられているクロー。腕部そのものは∀ガンダムを持ち上げられるだけのパワーがある。
ミサイルポッド
胴体に8門内蔵されているミサイル発射管。ミリシャにはミサイルがない為、無誘導のロケット弾で代用していた。小説『月に繭 地には果実』では手榴弾代わりの樽や高射砲の砲弾を収納する為に用いられている。
レーザービーム
頭部コクピットハッチ部分に1門内蔵されているレーザー砲。実戦で使用される事はなかった。
ソニックブラスト
腹部に1門内蔵されているビーム砲。レーザービームと同じく、こちらも実戦では使用されなかった。
ハンドガン
『∀』第19話で追加された3連装機関砲。カプルは携行武装の殆どを持てない為、腕部に固定して使用された。
ガンダムハンマー
∀ガンダムが使用した武器。ウィルゲムの武器庫に入れてあった物を『∀』第44話でソシエ機が使用した。スエッソン・ステロマヒローに左腕部のカッターで受け止められるも、スパイクを炸裂させ逆に破壊した。ソシエ曰く「チョキでグーに勝てるわけないでしょ」

その他 [編集]

自走式高射砲
ミリシャが製作した移動式火砲。第15話と第25話で使用。カプルが使用する際は、高射砲に取り付けたテレビジョン写真をカプル本体のモニターに投影させ、照準の微調整を行う。
爆薬
ミリシャの工場で作られた火薬。地面に撒き、その上に置いた火薬袋を直接銃撃して着火、敵機に火炎攻撃を仕掛ける。『∀』第20話でレット隊フラット部隊に使用したが振動兵器によって一瞬で吹き消されてしまった。

対決・名場面[編集]

∀ガンダム [編集]

イーゲル
第9話より。6機のカプルが操縦訓練を行っている最中、コレン・ナンダーのイーゲルが∀を誘い出そうとカプル隊を攻撃。カプル側が操縦未経験のパイロット揃いな上、コレンが腕の良いパイロットだった事もあり、全機がコテンパンにのされてしまった。
泳げる機械人形
第30話より。ウィルゲムを占拠したレット隊と戦闘するロランとソシエだったが、その最中にムロンのフラットから津波攻撃を受けて海中に投げ出されてしまう。しかしそれはカプルにとって水を得た魚も同然だった。水中に入ったカプルはロランと共に海面からの攻撃でフラットの両脚を破壊。撤退に追い込む事に成功した。
カプルが水中用に開発された機体だという事に気づいたロランとソシエは次話でさっそくそれを活用した戦術を披露する事になる。
アルマイヤー
第31話より。ウィルゲムを追撃するアルマイヤーに対し、海面から∀と共に攻撃。∀を放り上げる役を務め、巧みな連携技でアルマイヤーに大ダメージを与え、追撃を阻止した。

ガンダムビルドダイバーズ [編集]

カプルの修行
第4話より。リクユッキーの修行に便乗して岩砕きなどを行った。修行後に道場破りに現れたテキーラガンダムに挑みかかるも、簡単に受け流され相手にされなかった。

関連機体[編集]

カプル (作業用)
『∀』第25話でウィルゲムの整備作業に用いられていたカプル。両腕が作業用のリフトに換装されている。
コレンカプル
コレン専用機。右マニピュレーターがウォドムのマニピュレーターを改造したロケットパンチを保持できるように改修されている。
カプール
オリジナル。本機はレプリカ機あるいはナノスキンによる改良を受けた機体であると推測される。また、『ジオンの幻陽』には宇宙空間で運用される機体が登場するという、本機の設定を逆輸入したと思わしき描写がある。
モモカプル
モモ(ヤシロ・モモカ)が使用する本機ベースの改造ガンプラ。ペンギンをモチーフにした可愛らしい外見になっている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. カプールは16.5m、対してカプルは14m。
  2. バズーカを鈍器代わりに殴る、手榴弾を投げる、ガンダムハンマーを振り回すくらいは可能。
  3. せいぜい空気漏れしそうな箇所を溶接する程度。
  4. マガジンZのコミカライズではアニメよりも遅く月の運河で水中戦が得意だと判明する。コミックボンボン版では水中戦そのものが描かれなかった。