カリウス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
カリウス
外国語表記 Karius
登場作品
声優 飛田 展男
テンプレートを表示
プロフィール
フルネーム カリウス・オットー
種族 人間 (スペースノイド)
性別
職業 MSパイロット
所属組織 ジオン公国軍デラーズ・フリート
所属部隊 302哨戒中隊 (一年戦争時)
階級 軍曹
主な搭乗機 リック・ドムII
テンプレートを表示

概要 [編集 | ソースを編集]

デラーズ・フリートに所属するMSパイロット。一年戦争末期は302哨戒中隊に所属しており、ガトーはその頃からの上官である。

一年戦争最後の戦いとなったア・バオア・クー攻防戦においては部隊と共に参戦するも、激戦の中で多くの同僚を失い、彼自身も途中で戦線を離脱。ジオン公国軍の敗北の後、デラーズ・フリートに合流する。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
初出作品。第8話から登場し、ガトーのコンペイトウ襲撃に伴い、彼の直援を務める。最終回ではガトーからニナを託された後、アクシズ先遣艦隊グワンバンに収容される。そして星の屑作戦の完遂を見届けた後、ニナを解放して艦隊と共にアクシズへと逃れた。
機動戦士ガンダム0083 REBELLION

人間関係[編集 | ソースを編集]

アナベル・ガトー
302哨戒中隊に所属していた頃からの上官。彼には崇拝にも近い信頼を寄せており、所属がデラーズ・フリートに変わってからも彼の右腕として忠義を尽くした。
ニナ・パープルトン
上官の元恋人。彼女をアクシズの艦隊まで送り届けた。

名台詞[編集 | ソースを編集]

「そうですね…直接少佐に続いて戦った者も‥私だけになってしまいました‥」
ソロモン海域にて、かつての戦いで散っていった多くの同胞達を偲ぶガトーに対して。
「この海はまだ若いのです。波が穏やかになるにはまだ‥」
迷いを抱いているガトーを諭して。
「少佐!ここはお任せを!コンペイトウへ…いえ、ソロモンへ!!」
ソロモンでの戦闘で殿を買って出た際に。わざわざ連邦側からジオン側の呼称で言い直している。
「この人も何の因果か…」
終盤、ガトーから託されたニナ・パープルトンに対して同情する様子を見せる。

迷台詞[編集 | ソースを編集]

「わかりました。少佐、核弾頭の補給を…!
『スーパーロボット大戦A』より。ソロモンへの核攻撃を終えた後に現れた自軍部隊と交戦する際に。まさかのアトミック・バズーカの補給というとんでもない事をしでかし、核が無くなって安心していた多くのプレイヤーを絶望させた。

搭乗機体・関連機体[編集 | ソースを編集]

リック・ドムII
主な搭乗機。
ギガンティック
PS用ソフト『GジェネF.I.F.』のスーパーチャレンジモード「核の嵐 ジャブロー攻防戦」にて搭乗。オプション装備にチョバムアーマーを装備しているため、2回撃墜する必要がある。
ザクIIF2型
PS2用ソフト『めぐりあい宇宙』のステージ3で搭乗。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 彼のフルネームである「カリウス・オットー」については、現実世界の第二次世界大戦において活躍したドイツ国防軍の軍人「オットー・カリウス (Otto Carius)」が元ネタになっているものと思われる。

商品情報[編集 | ソースを編集]

資料リンク[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]