ガンダムエピオン (EW版)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

OZ-13MS ガンダムエピオン (EW版)(Gundam Epyon [Endless Wartz Ver.])[編集]

概要[編集]

カトキハジメがリファインしたガンダムエピオン

機体の全体的な形状は変更されておらず、機体カラーも変化していない。背部の翼には展開ギミックが追加されている。

FT』では改修された本機が登場。区別のためにガンダムエピオン初号機と呼ばれている。切断された左腕部は銀色の新規パーツとなり、足の爪先に連装ビーム砲が追加されている。

登場作品と操縦者[編集]

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ゼロシステム
「システムエピオン」とも呼称される同等のシステム。
変形
モビルアーマー形態に変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビームソード
右腰部に装備されている大出力ビームサーベル。ジェネレーター直結式であるため非常に高出力であり、最大出力で使用すれば宇宙要塞をも切断可能。
エピオンシールド
左腕部に装備されているガンダニュウム合金製の小型シールド。表面には特殊コーティングが施されているためビームに対しても高い防御力を発揮する。
TV版と異なりMA形態時にはフロントスカートに装備される。シュトゥルム・ウント・ドラング装備時はリアスカート側に装着され、裏面に設置されたサプライヤーから各武装にエネルギーを有線供給可能となる。
ヒートロッド
シールド先端に装備されている鞭状の武装。表面を灼熱化し敵装甲を熔断する他、敵機の捕縛にも用いられる。不使用時には先端を残してシールドに収納することが可能。
エピオンクロー
両腕部に装備されているクロー。敵機を切り裂くことが可能な他、MA形態時にはランディングギアとして機能する。
TV版と比べるとMA形態時に大きく展開するようになっている。
シュトゥルム・ウント・ドラング
ホワイトファング所属時にトレーズ・クシュリナーダから贈られた追加兵装。プラネイトディフェンサーの技術を応用した武装で両腕部に装備され、リアスカートに装備したシールドからケーブルでエネルギー供給される。2つのモードを持ち、ディフェンサーモードではツインバスターライフルの最大出力すら防ぎ切る防御力を発揮し、ツヴァイヘンダーモードではビームソードと接続されてその出力を増大させる。
連装ビーム砲
『FT』で両脚部爪先に追加された兵装。これにより射撃戦にも対応可能となった。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムエピオン
TV版の本機。
ガンダムエピオンパイ
本機のデータを元に老師・張が独力で開発した機体。
ワイバーン
本機のモビルアーマー形態に酷似した機体。
トールギスウイングガンダム (EW版)ガンダムデスサイズ (EW版)ガンダムベビーアームズ (EW版)ガンダムサンドロック (EW版)シェンロンガンダム (EW版)
本機開発の際に参考とした機体。
トールギスIII
同型のヒートロッドを装備している機体。
ウイングガンダムプロトゼロウイングガンダムゼロ (EW版)
同型のシステムを搭載している機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]