トールギスIII

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
トールギスIII
外国語表記 Tallgeese III
登場作品
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 OZ-00MS2B
頭頂高 17.4m
本体重量 8.2t
ジェネレーター出力 3,447kW
スラスター総推力 87,003kg
装甲材質 チタニュウム合金
開発組織 OZ (トレーズ派)
所属 OZプリベンター
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

トールギスIIと同時期に製造されていたトールギスの3号機。専用武装の調整が間に合わず戦線投入前に終戦となり、戦後の混乱の中でプリベンターに接収され保管されていた。

トールギスIIとは異なり機体自体にも改良が加えられており、頭部はバルカン砲を搭載したタイプとなり、肩部アタッチメントの形状も変更されている。また、コックピットにはエピオンシステムの前駆となったインターフェースが導入されている。武装面も専用武装としてメガキャノンと専用シールドが追加されており、ガンダムタイプに匹敵する性能を獲得している。

登場作品と操縦者[編集]

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
ガンダムEXA
パイロットはピーニャ・ハーシー
ヒイロ・ユイウイングガンダムゼロと交戦したが、あっさり敗れている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
メガキャノン
本機専用に新開発された大出力ビーム砲。後部に円形のジェネレーターが備わっている。通常状態でもドーバーガンを上回る性能を持ち、最大出力モードではウイングゼロのツインバスターライフルに匹敵する威力を発揮する。非使用時には右肩アタッチメントに懸架される。
シールド
本機専用に新開発されたシールド。以前のシールドより大型化しており、左肩アタッチメントに懸架することも可能。
ビームサーベル
シールド裏に2基装備されている近接武装。基本構造は以前と同様だが、出力が強化されガンダムに装備されたものと同等の性能になっている。
ヒートロッド
シールド裏先端に装備されているガンダムエピオンの物と同系の武装。非使用時にはシールドに収納される。

対決・名場面[編集]

サーペント

関連機体[編集]

トールギス
1号機。
トールギスII
2号機。
ガンダムエピオン
ゼロシステムの前駆となるインターフェイスやヒートロッドなどが引き継がれている。
トールギス・ワルキューレ
ガンダムビルドファイターズ』に登場するガンプラ。ベースはトールギスだが、本機のメガキャノンを装備している。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]