トールギスIII

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
トールギスIII
外国語表記 Tallgeese III
登場作品
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 OZ-00MS2B
頭頂高 17.4m
本体重量 8.2t
ジェネレーター出力 3,447kW
スラスター総推力 87,003kg
装甲材質 チタニュウム合金
開発組織 OZ (トレーズ派)
所属 OZプリベンター
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

トールギスIIと同時期に製造されていたトールギスの3号機。専用武装の調整が間に合わず戦線投入前に終戦となり、戦後の混乱の中でプリベンターに接収され保管されていた。

トールギスIIとは異なり機体自体にも改良が加えられており、頭部はバルカン砲を搭載したタイプとなり、肩部アタッチメントの形状も変更されている。また、コックピットにはエピオンシステムの前駆となったインターフェースが導入されている。武装面も専用武装としてメガキャノンと専用シールドが追加されており、ガンダムタイプに匹敵する性能を獲得している。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
初出作品。OVA版第2話~第3話および劇場版でプリベンター・ウインドことゼクス・マーキスの搭乗機として登場する。マリーメイア軍の地球降下を阻止するべく降下部隊を急襲し武装解除を呼びかけるものの、デキム・バートンは逆に真のオペレーション・メテオの目的である「X18999の地球への落下」を明らかにして彼を脅迫。手を出す事ができなくなり降下部隊の地球降下を許してしまう。その後、コロニーに潜入したヒイロの活躍により計画が阻止された事を知り、マリーメイア軍の拠点である資源衛星MO-IIIをメガキャノンで一撃の下に破壊する。直前にデキムには脱出されたものの、その後、合流したノインと共にマリーメイア軍を追って地球へと降下し、ブリュッセル市内でサーペント部隊と交戦。機体を損傷しながらも最後まで戦い抜いた。
ガンダムEXA
パイロットはピーニャ・ハーシー
ヒイロ・ユイウイングガンダムゼロと交戦したが、あっさり敗れている。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
メガキャノン
本機専用に新開発された大出力ビーム砲。後部に円形のジェネレーターが備わっている。通常状態でもドーバーガンを上回る性能を持ち、最大出力モードでは銃身の2本のレールを伸長展開しエネルギーチャージの後、超高出力のビームを発射。ウイングゼロのツインバスターライフルに匹敵する威力を発揮する。非使用時には右肩アタッチメントに懸架される。
シールド
本機専用に新開発されたシールド。以前のシールドより大型化しており、左肩アタッチメントに懸架することも可能。
ビームサーベル
シールド裏に2基装備されている近接武装。基本構造は以前と同様だが、出力が強化されガンダムに装備されたものと同等の性能になっている。
ヒートロッド
シールド裏先端に装備されているガンダムエピオンの物と同系の武装。非使用時にはシールドに収納される。形状はTV版エピオンの物とほぼ同一だが、後にガンプラのリアルグレード及びマスターグレードで立体化された際には同じ『EW』の世界観の機体であるEW版エピオンが装備している物に準じた形状となっている。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

トールギス再び
『EW』OVA版第2話および劇場版より。サーペント部隊の地球降下を実行に移すデキムだったが、その時、通信兵が未確認の機体の接近を報告する。機体の識別はトールギス。パイロットはかつての戦いで死んだと思われていたゼクス・マーキスであった。瞬く間に輸送船数隻を撃沈し武装解除を促すゼクスだったが、逆にデキムはX18999を地球へ落とすと脅迫し、輸送船の降下をみすみす許してしまう。しかし、彼の下へコロニーの落下が阻止された報が届いた事でゼクスは資源衛星MO-IIIの破壊を敢行。最大出力のメガキャノンから放たれた一条のビームが宇宙を裂き、MO-IIIを打ち砕く!
サーペント

関連機体[編集 | ソースを編集]

トールギス
1号機。
トールギスII
2号機。
ガンダムエピオン / ガンダムエピオン (EW版)
ゼロシステムの前駆となるインターフェイスやヒートロッドなどが引き継がれている。
トールギス・ワルキューレ
ガンダムビルドファイターズ』に登場するガンプラ。ベースはトールギスだが、本機のメガキャノンを装備している。

商品情報[編集 | ソースを編集]

ガンプラ[編集 | ソースを編集]

フィギュア[編集 | ソースを編集]

資料リンク[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]