ガンダムデスサイズヘル

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

XXXG-01D2 ガンダムデスサイズヘル(Gundam Deathscythe Hell)[編集]

アビリティレベル(リーオーをオールレベル100として換算)
■ファイティングアビリティ:レベル150
■ウエポンズアビリティ:レベル120
■スピードアビリティ:レベル170
■パワーアビリティ:レベル120
■アーマードアビリティ:レベル140

OZの月面基地に拘束された5人のガンダム開発者達が、同基地に回収されたガンダムデスサイズを、同じく回収されたシェンロンガンダムと共に極秘に修復・強化した機体。(余談だが、有能とは言え敵である人物に監視を付けない上に、あまつさえMSを2機も修復・強化を許してしまうような管理の杜撰さは、OZという以前に軍組織としては異常すぎる事態である)

5機のガンダムは基本的に地上戦を前提に開発された機体であり、実際、改修をせずに宇宙で戦闘したガンダムは全てOZの宇宙用MSに対し多大な苦戦を強いられた。この事を想定していたヒイロ・ユイウイングガンダムを海底に放棄し、トロワ・バートンも共に宇宙に上がったガンダムヘビーアームズを隠して、潜入工作や現地でMSを調達して戦う方法を選択した。
科学者達はまず修復と並行して宇宙戦闘に対応した改修を遂行、姿勢制御用のバーニアの増設と推力向上等による空間機動性の強化を行った。加えて、5人がOZにて開発したヴァイエイトメリクリウスに投入された技術も転用している。本機では特殊装甲「アクティブクローク」の追加、リア・サイドスカートの大型化による防御力の強化が施された。同時に改修前の各種装備もブラッシュアップされ、総合面においても格段の向上を果たしている。

改修後の名称は「一度破壊されたデスサイズが地獄の淵から蘇った」という意味合いをこめて「ヘル(地獄)」と付け加えられた。

登場作品と操縦者[編集]

新機動戦記ガンダムW
パイロットはデュオ・マックスウェル

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ハイパージャマー
バックパック左右に装備される電子戦用装備。強力な妨害電波を発生させ、カメラやレーダー等の電子機器をほぼ完璧に無効化する為、カメラ・レーダー等から情報を得る兵器・MS等にとっては事実上、姿が消えている。
形状は改修前と変わらないが、基本性能は2倍に向上。更に胸部に設置された肋骨状の増幅装置「リブジャマー」や頭部外縁に施された白い装飾との相乗効果によって、より幻惑効果が高められている。
アクティブクローク
本機の最大の特徴とも言える上半身をすっぽり覆う外套(クローク)状の追加装甲。前面にはメリクリウスプラネイトディフェンサーと同等の機能を持つフィールドジェネレーターを計4基設置。強力な電磁フィールドを発生させ、ヴァイエイト級のビーム砲の直撃をも防ぎ切る。また、装甲自体にも対ビームコーティングが施されており、それ自体の防御力も高い。同時に、本体同様電波吸収・拡散効果を持つステルス塗装も施され、ハイパージャマーとの連動によって自機の金属反応をほぼ完全に消失させる事が出来る。 「アクティブ」の名通り装甲は前後左右側面6枚が独立して可動し、高機動戦闘時は前後の装甲が肩上部に跳ね上げられ、まるで悪魔の翼を連想させる不気味なシルエットを形成する。翼は空力装備としての機能も有しており、大気圏内においても非常に高い機動性を発揮する。なおクロークの基部フレームを両肩口に設置したために、マシンキャノンの搭載は見送られた。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵された近接防御機関砲。小口径ゆえ威力・射程距離は攻撃用としては非力で、威嚇・牽制や対人戦が主な用途である。
ツインビームサイズ
ビーム発生器を2基に増設した連装刃タイプのビームサイズ。1枚目の刃で敵MSの装甲を、2枚目でフレームを両断し確実な撃破を目的とする。また加速用のバーニアも付加されており、斬激速度・威力の強化が図られている。総合的な威力は単刃タイプの4倍に強化されている。柄の伸縮機構は継承され、不使用時には腰部背面のラックにマウントされる。
バスターシールド
攻防一体の装備で、シールドの先端からビーム刃を展開し、射出する。基本的には改修前と変わらないが、ビーム刃の出力は強化。作中では暴走したトラントの乗るウイングゼロとの戦闘の際にツインバスターライフルの相殺に成功している。

対決・名場面[編集]

ヴァイエイトメリクリウス

関連機体[編集]

ガンダムデスサイズヘル (EW版)
ガンダムデスサイズ

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]