ガンダムヴァサーゴチェストブレイク

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

NRX-0013-CB ガンダムヴァサーゴチェストブレイク
(Gundam Virsago Chest Brake)
[編集]

連邦政府再建委員会が開発した試作型モビルスーツガンダムヴァサーゴを強化した機体で、胸部にもメガソニック砲を増設してトリプルメガソニック砲に改装するなど火力が強化されている。 また、ガンダムアシュタロンハーミットクラブとの連携でサテライトランチャーを使用可能であり、本機はそれの制御を担当している。 背部ラジエータープレートも三対六枚のアクティブバインダーへと換装された。このアクティブバインダーは普段は一枚の状態で背中に折り畳まれているが展開時は虫か蜘蛛の足の様に開き禍々しい視覚効果も与える。 またサテライトランチャー使用時のマイクロウェーブ受信用リフレクターの機能も持ち合わせている。

登場作品と操縦者[編集]

機動新世紀ガンダムX
パイロットはシャギア・フロストフリーデンのガンダムや宇宙革命軍クラウダなどと交戦している。最後はガンダムダブルエックスのツインサテライトキャノンとサテライトランチャーの撃ち合いとなり、大破した。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビームサーベル
腰に一本所持、改修前と同じ装備。
ストライククロー
改修前と基本的な仕様は変わらないが延伸腕部の装甲ブロック撤去・スラスター追加によってより高い多角射撃機能・打撃攻撃時の自機側への衝撃ダメージの緩和など性能向上点が見られる、またサテライトランチャー使用時にはランチャー本体に接続しエネルギーを供給するエネルギーパイプ的な能力も備えている。
クロービーム砲
クロー基部に内蔵されているビーム砲。改修前と同じ。
トリプルメガソニック砲
胸部に2門増幅用の砲身が追加されたメガソニック砲。三門を同時に使用する全開出力モードでは以前よりもチャージに時間がかかるが、それに比して威力も高くなっている。ちなみに、「チェストブレイク」という名称はこの武装を使用する際の本機の姿から来ている。従来通り腹部の砲門のみの使用であれば拡散モードかつ速射も可能。
サテライトランチャー
ガンダムアシュタロンハーミットクラブとの連携で使用可能なサテライトキャノンの亜種と言える武装。ヴァサーゴ側の背部にマイクロウェーブを受信しビームエネルギーに変換して発射するようになっており、威力はガンダムダブルエックスのツインサテライトキャノンと同等。ただし、月面の送信施設のシステムにはヴァサーゴやアシュタロンの機体認証が行われていないため、マイクロウェーブ照射はマニュアルモードで行う必要がある。

対決・名場面[編集]

ガンダムダブルエックス

関連機体[編集]

ガンダムヴァサーゴ
ガンダムアシュタロンハーミットクラブ

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]