2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

クラウダ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

RMS-019 クラウダ(Crouda)[編集]

第七次宇宙戦争後に宇宙革命軍が開発した量産型モビルスーツ。重装甲だが機体各所の大型スラスターで機動性を補っており、高い防御能力と高機動性を兼ね備えた高性能機。対ビーム処理された重装甲はビームの直撃にも耐えうるが、大型故のスラスターへの直接攻撃が弱点となっている。ビームサーベルを使用しているシーンが有るが、文字設定では未記載である。

ランスロー・ダーウェル専用機も存在する。

登場作品と操縦者[編集]

機動新世紀ガンダムX
終盤、ガロードが宇宙に上がってから登場。宇宙革命軍の主力として、フリーデンや新連邦と渡り合った。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

耐ビームコーティング

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
旧世代革命軍機と違い、胴体部のマシンキャノンではなく頭部両側面にバルカン砲が内蔵されている。
ビームライフル
四角い箱状の新規格と思われるビームライフル。トリガー前に旧革命軍規格のビームライフル・マシンガンと同じスイッチのディテイールが有るが機能等詳細は不明。
ビームカッター
機体背面に設置された翼状のバインダーから発生させるビームの刃。機体自体の高い推進力も相まって、戦艦の装甲すらやすやすと切り裂く威力を持つ。ゲーム作品ではこれで全ての格闘を行うかの様な解釈が為されているが、原作ではこの武装は対艦目的でしか使用されていない。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ランスロー専用クラウダ
ランスロー・ダーウェルの専用機。カラーリングが変更され、後頭部に一対の通信アンテナが装備されている。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]