クラウダ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
クラウダ
外国語表記 Crouda
登場作品 機動新世紀ガンダムX
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルスーツ
型式番号 RMS-019
頭頂高 18.0m
本体重量 8.4t
開発組織 宇宙革命軍
所属 宇宙革命軍
主なパイロット 宇宙革命軍兵
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

第7次宇宙戦争後に宇宙革命軍が初めて量産化したモビルスーツ

重装甲に合わせて耐ビームコーティングが施された機体で、実体弾とビームの双方に対して高い防御性能を有する機体となっている。その防御性能は通常のビーム兵器であれば無効化し、高出力のビームが直撃しても一撃では撃破できないほどである。機体各部には大型スラスターが備わっており、高い防御性能と機動性を両立している。だが、大型故に弱点にもなっており、ここにビームが当たると容易に撃破されてしまう。

主武装はビームライフル、ビームカッターと比較的シンプルな物となっているが、高い出力を持っており、総合性能はガンダムタイプに匹敵するとされている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動新世紀ガンダムX
終盤、ガロードが宇宙に上がってから登場。宇宙革命軍の主力として、フリーデンや新連邦と渡り合った。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

耐ビームコーティング
装甲に施されている耐ビームコーティング。重装甲と合わせてビームに対して高い防御効果を発揮する。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。主に牽制目的で使用される。
ビームライフル
本機専用の高出力ビームライフル。威力と連射性能に優れている。トリガー前に旧革命軍規格のビームライフル・マシンガンと同じスイッチのディテールが有るが機能等詳細は不明。
ビームカッター
機体背面に設置された翼状のバインダーから発生させるビームの刃。機体自体の高い推進力も相まって、戦艦の装甲すらやすやすと切り裂く威力を持つ。ゲーム作品ではこれで全ての格闘を行うかの様な解釈が為されているが、原作ではこの武装は対艦目的でしか使用されていない。
ビームサーベル
接近戦用のビーム兵器。スペックには存在しない武装だが、一部機体が装備している。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

ランスロー専用クラウダ
ランスロー・ダーウェルの専用機。カラーリングが変更され、後頭部に一対の通信アンテナが装備されている。
オクト・エイプ
前任機。
ディクセン・ホーネット
後継機。

リンク[編集 | ソースを編集]