2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ギャプランカスタム エリシアスペシャル

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギャプランカスタム エリシアスペシャル
外国語表記 Gaplant Custom Erisia Special
登場作品 機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル
デザイナー 佐山喜則
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型可変モビルアーマー
型式番号 ORX-005CS
全高 25.2m
全備重量 98.9t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 3,400kW
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織 ティターンズ
所属 ティターンズ
主なパイロット エリシア・ノクトン
テンプレートを表示

概要[編集]

アスナリック・ディアスとの戦闘で損傷したギャプランを修復を兼ねて改修した機体。機体カラーはパーソナルカラーである赤紫に塗装されている。

本機は主に武装面を試作パーツを用いて強化した機体となっている。右腕のムーバブル・シールド・バインダーは2連装ビーム・キャノンが内蔵された新型タイプに変更され、左腕のバインダーは火器を廃して防御に特化した物に変更されている。股間部にはガトリング砲とビーム・キャノンが追加されており、モビルアーマー形態時の攻撃性能が向上している。他には頭部に羽根飾り状のセンサーユニットが追加されており、通信能力が強化されている。また、ギャプラン用のブースターはそのまま装着可能となっている。機体の全体的な形状も変わっているが本質的なスペックにはさほど違いはなく、「見せ掛けだけのハリボテ」と揶揄されていたようである。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビルスーツ形態に変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・サーベル
サイドアーマーに計2基収納されている。
ビーム・ガン
モビルアーマー形態時にはビーム・ガンとして機能する。
2連装ビーム・キャノン
右腕部のバインダーに内蔵されているビーム砲。
ガトリング砲
股間部に装備されている機関砲。モビルアーマー形態時には機首となる。
ビーム・キャノン
股間部に装備されているビーム砲。同じくモビルアーマー形態時には機首となる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ギャプラン
原型機。

商品情報[編集]

リンク[編集]