ギャン・クリーガー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギャン・クリーガー
外国語表記 Gyan Krieger
登場作品 機動戦士ガンダム ギレンの野望シリーズ
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルスーツ
型式番号 MS-15KG
主動力 熱核融合炉
開発組織 ジオン公国軍
所属 ジオン公国軍
テンプレートを表示

概要[編集]

機動戦士ガンダム ギレンの野望シリーズ』に登場するゲームオリジナル機体。ゲルググに代わりギャンが次期主力機として正式採用されたIFルートに登場する機体であり、史実におけるゲルググJに相当する。

高機動型ギャンをベースに統合整備計画に基づいて再設計が施された強襲機。「クリーガー」とはドイツ語で「戦士」を意味する。

機体各部の形状は変更され、スラスターやダクトが追加されている。機動力を強化するためにジェネレーター出力が大幅に向上され、背部にはプロペラントタンクが2基装備されている。クリーガーはその加速力を活かした敵陣突破を得意とする機体であり、格闘能力も強化されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム ギレンの野望シリーズ
『ジオン独立戦争記』が初出。上述した通り、「ギャン量産化計画提案」「ゲルググ量産化計画提案」の二択で前者を選ぶ事によって本機を含むギャンシリーズの開発が可能となる。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ランス
大型の槍状のビームを発振する近接武装。加速力を活かした突撃は戦艦すら一撃で屠る威力を誇るとされる。
ランチャー・シールド
携行式の小型シールド。
4連装ランチャー
シールド表に4門備わっているランチャー。
ビーム砲
シールド裏に2門装備されているビーム砲。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

高機動型ギャン
ベース機。
ギャン
大元の機体。
ゲルググJ
本機は史実におけるこの機体に相当する。

余談[編集]

  • 2017年11月20日にプレミアム・バンダイにて本機のキット化が発表。ゲーム出典機体かつギレンの野望シリーズ初出機体のほとんどがこれまで立体化の機会に恵まれていなかった事もあり、ユーザーからは驚きの反応が見られた。可動域が広い「HGUC 1/144 ギャン (REVIVE版)」の関節を流用しているため、出来栄えと可動域が共に良好なキットとなっている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]