クレイン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
クレイン
外国語表記 Crane
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 ミキシングビルドモビルスーツ
主動力 熱核融合炉
開発組織 ムーン・ムーン
所属 ムーン・ムーン
主なパイロット カグヤ・シラトリ
テンプレートを表示

概要[編集]

カグヤ・シラトリが保有する可変モビルスーツザンスカール戦争終結後、サーカスの技術者が放出したバイラリナのフレームをムーン・ムーンが入手し、様々な機体のパーツを流用して完成させたミキシングビルドモビルスーツである。

頭部はガンダムフェイスが取り付けられているが、この時代のガンダムフェイスはその伝説にあやかった飾りの一種であり、その下にはザンスカール系のカメラが存在する。

ベース機にあった簡易変形機構も健在であるが、技術者の理解不足により変形時に脚を折りたたむ方向が上下逆となっている[1]。MS形態での運用にさしたる影響は無いものの、可変機構の変化によってMA形態時には若干のバランス不良が見られる。

木星系の機体は内部メカの部品共有率が高く、整備性が高いのが特徴であり[2]、クレインもその特性を駆使して10年に渡る長期の活動が確認されている。

主兵装であるニードル・ヴェスバーも使用はMA形態のみに限定され、収束率も70%に低下しているものの、ビーム兵器を標準装備しているというアドバンテージは高く、持ち前の機動性の高さもあって宇宙世紀169年代の機体として最強ランクの機体に数えられている。

メンテナンス性は高いものの戦場での疲弊が激しく、実際の運用では予期せぬフリーズが多発していたが、カグヤが一度ムーン・ムーンに帰還した際にフルチューンされており、ニードル・ヴェスバーをモビルスーツ形態でも使用可能となるなど、火力が向上した。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビルアーマー形態に変形可能。ベース機であるバイラリナとは脚部を折りたたむ方向が上下逆になっている。

武装・必殺攻撃[編集]

ニードル・ヴェスバー
本機のメイン武装。使用はモビルアーマー形態限定となり、ビームの収束率も70%ほどに低下している。160年代はビーム兵器の存在が希少化している事もあり、その有用性は大きい。後にムーン・ムーンに一度帰還した際にフルチューンされ、原型機同様の性能を取り戻している。
ビーム・ファン
両腕部に1基ずつ、計2基を内蔵している。主に防御に用いられるが、格闘戦用装備としても使用可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

バイラリナ
原型機。フレームをベースとしている。


脚注[編集]

  1. 全ての部品が完全な状態で行き渡っていなかった事もこの間違いの原因であったという。
  2. 脚部関節が他の機体の腕部パーツに転用可能など。同じように大型機であるウォズモも工夫次第で1機から3機分の消耗パーツを取り出す事が出来た。

リンク[編集]