スレイヴ・ソード

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
スレイヴ・ソード
外国語表記 SLAVE SWORD
登場作品 TYRANT SWORD of NEOFALIA
デザイナー 藤田一己
テンプレートを表示
スペック
分類 ソード
型式番号 SX・NFR-02SEV
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社13開発局(ネオ・ファリア)
母艦 スピノソア
テンプレートを表示

概要 [編集]

月刊ホビージャパン」の連載企画『TYRANT SWORD of NEOFALIA』に登場するソード型機動兵器の2番機で、無人機。

タイラント・ソード開発テーマの一つである「”有機的結合及び機能を持つ兵器システムの確立”」、その一環として開発された機体。 基本的機能・設計はタイラントとほぼ同じであちらが高機動、高出力を目指したのに対し、本機は現用MSのバランス、SEシステムの信頼性、タイラントの支援を目的としている。 単独による戦闘能力の究極を具現化したSESの試作第一号機タイラント・ソードに対し、本機の性能はその40%程度。だがSEシステムの信頼性は向上しており、それは性能差を充分に補うものである。

機械システム・人工知能に対する伝達能力が突出したNTの亜種・変種であるネクスト・ワンが搭乗したタイラント・ソードから、思考制御により、ニュータイプ用兵器”ビット”に相当するものとして、思うままにコントロールされる。

登場作品[編集]

TYRANT SWORD of NEOFALIA
「月刊ホビージャパン」1987年12月号掲載のSCENE.5から登場する。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

SEシステム
「SEとは、SE計画」で得られたシステムの総称。本機にもそれらのシステムが組み込まれている。

武装・必殺攻撃[編集]

スレィヴ・ソード用熱弾ビームキャノン TYPE2
機能は基本的にタイラント・ソードのSEジェネレータ式ビームキャノンと同じだが、あちらに比べ本兵装の出力は少し小さい。

対決・名場面[編集]

木星師団
二機の本機は、タイラントの命令通り、散開。木星師団の旗艦ジュピトリスの僚艦である二隻のロンバルディア級の巡洋艦を捕捉し、破壊した。

関連機体[編集]

タイラント・ソード改アグレス
スレイヴが隷従する機体。SCENE.5にて同伴する。

リンク[編集]