2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

タイラント・ソード改アグレス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイラント・ソード改アグレス
外国語表記 Aggress
登場作品 TYRANT SWORD of NEOFALIA
デザイナー 藤田一己
テンプレートを表示
スペック
分類 ソード
型式番号 SX・NFR-01SES
主動力 SEドライブ
原型機 タイラント・ソード
改修 アナハイム・エレクトロニクス社13開発局ネオ・ファリア
主なパイロット キース・マクレガー
テンプレートを表示

概要 [編集]

月刊ホビージャパン」の連載企画『TYRANT SWORD of NEOFALIA』の主役機タイラント・ソードを改修した機体。パイロットはキース・マクレガー。デザイナーは藤田一己

SCENE.4での戦いの反省から、信頼性に欠いていたSEシステムが問題という事が分かったので、本機はユニットの両サイドに可動式サブジェネレータを搭載。これをフィールドスタビライザーとして使用し、メインジェネレータの出力及び制御の負荷を軽減、トラブルの発生率を大幅に低下させた。

また他のプロトタイプMSのシールド及びビームサーベルをオプションとして装備、格闘戦装備が充実した。頭部にはビーム・ライフルを改造したガンポッドが装備され、火力も増強された。

登場作品[編集]

TYRANT SWORD of NEOFALIA
SCENE.5で登場。タイラント・ソードが改修されたものである。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

SEジェネレータ式ビームキャノン
ソード型専用ビームキャノン。数十のエネルギー弾をバラ撒き、その一つでも命中すれば敵の機体内で解放されたエネルギー粒子が致命傷を与える。
改修前のタイラント・ソード時代から引き続き使用された。
頭部ガンポッド
SCENE.5によれば、ビームランチャー。
ビームサーベル
シールドの裏に備わっている。使用時にアグレスは格闘戦モードを取った。
SEシステム
機体その物を利用した大規模破壊兵器。SEフィールドの発生ベクトルを変更し、重力や磁場の歪み、空間その物を崩壊するエネルギーで敵を殲滅する。その規模は一つの艦隊を飲み込むほど。

対決・名場面[編集]

メッサーラ・ディノファウスト・アルファ
スレイヴ・ソード二機、ネモ・ソード改プロト3(スレイヴ・ソード)を随伴させたタイラントは戦闘を開始して約五分で、木星師団の二隻の戦艦と七隻の巡洋艦を沈める。旗艦ジュピトリスを中心にしてメッサーラ・ディノファウスト・アルファ部隊が戦力を立て直そうとするが、タイラントはこれをSEフィールドを開放して、残滅。唯一、ジュピトリスだけ破損箇所を排除して難を逃れる。

関連機体[編集]

タイラント・ソード
本機の改修前の機体。
スレイヴ・ソード
ソード型機動兵器の2番機で、タイラントのコクピットから思考制御により思うままにコントロールされる、ニュータイプ用の兵装で言えばビット兵器に相当する機体なのである。

商品情報[編集]

リンク[編集]