デナン・ゾン ダークタイガー隊仕様

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
デナン・ゾン ダークタイガー隊仕様
外国語表記 Den'an Zon (Dark Tiger used)
登場作品 機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 格闘戦用量産型モビルスーツ
型式番号 XM-01
頭頂高 14.0m
本体重量 7.9t
全備重量 17.4t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 3,880kW
スラスター総推力 69,500kg
装甲材質 チタン合金ハイセラミッス複合材
開発組織 ブッホ・エアロダイナミクス社
所属組織 クロスボーン・バンガード
所属部隊 ダークタイガー隊
主なパイロット モーリス・オバリー
テンプレートを表示

概要[編集]

クロスボーン・バンガードのMS部隊ダークタイガー隊が運用していた機体。

基本性能はデナン・ゾンと同じだが、クロスボーン・バンガード所属機である事を隠す(外形だけなら作業機のデッサ・タイプの類似品程度にしか判別できない為)ため、脱着式のモノアイカメラ型バイザーを装着している。機体カラーは赤を基調に紫を加えた物を隊のカラーとしてペイントしている。

登場作と搭乗者[編集]

機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91
パイロットはモーリス・オバリー少尉。
ゼブラゾーン宙域でブレイウッド隊に遭遇した際に、被弾の衝撃で偽装用のバイザーが外れてしまい、ダークタイガー隊およびクロスボーン・バンガードの存在を漏らしてしまう。その後は通常装備でブレイウッド隊と戦闘するも敗走。バズ・ガレムゾンネオガンダムと裏取引の為接触した際に証拠隠滅を図られG-B.R.Dのビームの直撃を受け爆散、機外に居た少尉も共に消滅した。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

デュアルビームガン
左腕のビームシールド基部に設置された2門の砲身を有するビーム砲。
ビームサーベル
MSの標準武装。当機ではショットランサーを使い切ったりショットランサーを使うまでもなく節約したい白兵戦時などに用いる。
ショットランサー
クロスボーンのモビルスーツの多くに装備されている打突武器。デナン・ゾン仕様の物。ブレイウッド襲撃の際はこちらを装備していた。
ヘビーマシンガン
ショットランサーに2門内蔵されている実体弾射撃火器。
試作型ショットランサー
ショットランサーの試作品。演習用として使用されており、ランサー部が合成ゴム製のダミー品になっている。
ヘビーマシンガン
ショットランサーに2門内蔵されている実体弾射撃火器。こちらも演習用として実弾の代わりにペイント弾が装填されている。
ビームライフル
デナン・ゲーの装備品をそのまま使用している。連邦軍との裏取引に赴いた際に装備。
ビームシールド
左腕に装備。装備の基本性質はリンク先参照。当機の物は円形の発生器基部にラウンドシールド状のシールドビームを発生させるタイプ。クロスボーン・バンガード初かつ一般量産機初のビームシールド採用機である。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

デナン・ゾン
原型機。
デナン・ゲーエビル・Sベルガ・バルスビギナ・ゼラ
本機以外にダークタイガー隊が運用した機体。カラーリングは同じく赤と紫をメインに使用されている。

リンク[編集]