ドムIII

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドムIII
読み ドム ドライ
外国語表記 DOM III
登場作品 A.O.Ζ Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-
デザイナー 藤岡建機
テンプレートを表示
スペック
分類 陸戦用量産型重モビルスーツ
型式番号 AMX-009G
全高 22.0m
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織 ジオンマーズ
所属組織 ジオンマーズ
所属部隊 チェスター艦隊
母艦 サンド・アングラー級
テンプレートを表示

概要[編集]

ドライセンを局地戦用に改修した、ベテランパイロット向けの重モビルスーツ。

地上で運用するにあたり、空間戦闘用の装備やスラスター類が排除され、その代わりに肩部の大型ブースターやザクIII (ジオンマーズ仕様)と同型のホバー・ユニットといった地上戦用装備に換装されている。

カラーリングはもちろんドムを踏襲しているが、チェスター艦隊に配備されている機体は迷彩効果があるサンドカラーに塗り直されている。

登場作品と搭乗者[編集]

A.O.Ζ Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-
出典元。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

3連装ビーム・キャノン
前腕部に内蔵された、本体ジェネレーター直結式の固定火器。高出力のビームを高速で連射する、近距離では圧倒的な制圧力を誇る武装である。原型機で露出していた上腕外装部のパワーサプライヤーが内蔵された為、脆弱性は解消されている。
ビーム・バズーカ
一年戦争時から使用されている、大出力のビーム兵器。宇宙世紀0090年代においても、非常に高い威力を誇っている。大型火器ゆえ、かつてのドムを愛機としていたパイロット達からは愛機に近い戦闘運用が可能な点で重宝されている。
ヒート・サーベル
ドム系機体の特徴と言える細身の剣を持つヒート兵器。
トライ・ブレード
バックパックに2基装備された手裏剣。本来地上での使用は想定していないはずなのだが、なぜこの装備が引き継がれたのかは不明。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ドライセン
原型機。陸戦仕様である本機をドムに例えるなら、空間用装備のあるこちらはリック・ドムにあたる機体と言える。
ドム
改修の結果、この機体に近い外見となった。
リック・ドムII
II(ツヴァイ)に連なる機体として本機には数字のIII(ドライ)が割り当てられた。

資料リンク [編集]

A.O.Z Re-boot Vol.21-A AMX-011G ZAKU III/AMX-009G DOM III

リンク[編集]