2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ビギナ・ロナ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビギナ・ロナ
外国語表記 Vigna Ronah
登場作品 SDガンダム GGENERATIONシリーズ
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 親衛隊用試作型モビルスーツ
型式番号 XM-07R
頭頂高 不明 (15mクラス?)
全備重量 不明
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 不明
開発組織

ブッホ・エアロマシン社(開発要請)

ブッホ・エアロダイナミクス社(開発)
所属組織 クロスボーン・バンガード
テンプレートを表示

概要[編集]

SDガンダム GGENERATION』シリーズに登場するゲームオリジナル機体。ビギナシリーズおよびクロスボーン・バンガードのMSの終着点として運用コストを度外視し開発された機体である。

主にロナ家親衛隊への配備を想定しており、それに相応しい荘厳な装飾が機体に施されている。

また、バイザーが展開し、ガンダムタイプのツインアイが露出するといった、ガンダムF91のフェイスオープンに似た機構を有している。

実際に本機が建造されたかは不明だが、建国主であるロナ家の人々を守る為に「ロナ」の名が付けられたのは、開発スタッフの自信の表れとも言える。

登場作品と搭乗者[編集]

SDガンダム GGENERATIONシリーズ
『SPIRITS』で初登場。初出である同ゲームでは仕様上、バスター・ランサーが凶悪的な威力を叩き出すため、ゲーム中、一二を争う強機体となっている。
月刊ガンダムエース
2008年1月号掲載のGAME'S MSVに本機の画稿が掲載されている。ブッホ・エアロダイナミクス社での開発経緯やビギナ・ギナIIとの関連性などの設定が新たに付加された。

武装・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビームシールド・サーベル
両腕に搭載された近接ビーム兵器。名前の通りビーム・シールドにビーム・サーベルとしての機能を持たせた武装。
バスター・ランサー
7基のショット・ランサーを一つにまとめた連装式ショット・ランサー。発射機が非常に大型になったため、非使用時は機体背部に装着している。この状態でも発射が可能。ゲームでは6基のランサーを射出後、フェイスオープンした状態で基部のランサーでトドメを刺すという演出になっている。
ヘビーマシンガン
バスター・ランサー中央のショットランサーに内蔵されている。
ヴァリアブル・メガビームランチャー(メガ・ビームランチャー)
クロスボーン・バンガード所属MSの装備としては珍しい高出力の大型ビーム・ライフル。ネオガンダムのG-B.R.Dと形状が酷似しており、シルエットフォーミュラプロジェクトと何らかの関係があると思われる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ビギナ・ギナ
原型機。
ビギナ・ギナII
同じくロナ家用に上位機種として開発された機体。
ビギナ・ゼラ、その他ビギナ・シリーズ
テスト運用により得られた運用データを基に本機が開発された。
ネオガンダム
上述したとおり、本機に何らかの形で関わっていると思われる。

商品情報[編集]

ゲーム[編集]

  • 初登場作品。

リンク[編集]