ブラン・ファントム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラン・ファントム
外国語表記 Blanc Phantom
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
漢字表記 白い幽霊
分類 量産検証用試作型モビルスーツ
主動力 熱核融合炉
開発組織 キュクロープス
所属 無敵運送
母艦 エスカル
主なパイロット レオ・テイル
テンプレートを表示

概要[編集]

キュクロープスファントムV2から得たデータを元に進めていた「ファントム量産化計画」によって開発された量産型ファントムの試作1号機。「白い幽霊」の名の通りカラーリングは白を基調としている。本機での検証を経て量産型ファントムであるノエル・レイスが開発された。

MSとしてのファントムの推進力の再現を最重要課題としており、ファントムをコピーしつつ性能を調整する方向で開発されている。可変機構は実装されておらず、腰部サイドアーマーも武装を内蔵しない純粋なサブ推進システムとなっている。

頭部の耳状のパーツは、頭部を一つのフレームとして捉え、積極的に推進に役立てるという設計思想に基づき、これにもミノフスキードライブが搭載されている。ミノフスキードライブの余剰エネルギーはより多数のIフィールド発生器で細かく制御されており、その結果ファントムのような炎状ではなく多数の紐状に展開される。このフレームは便宜上ファントム・メイン(=幽霊の鬣)と呼ばれ、その推進力はV2ガンダムの75%に達する。レオに与えられた機体はファントムメインを起動した姿を見たアッシュにより、全身から展開される紐状の余剰エネルギーを獅子の鬣に擬え、「白い獅子(ブラン・リオン)号」と改称された。

なお、フェイス部分がガンダムタイプとなっているように、開発に携わったフォントはこの機体に「ガンダム」の名を入れたかったようであるが、連邦軍としてその名前を勝手に付けるわけにはいかず実現しなかった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
第38話から登場。讃美の国対策としてフォント・ボー無敵運送に譲渡し、レオ・テイルの搭乗機となった。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ファントムメイン
ファントムから引き続き搭載されている推進システム。Iフィールド発生器の数を増やし、より細かく制御できるようにした結果、余剰エネルギーが紐状に展開されるようになった。また、推進力はファントムを優に超え、V2ガンダムの75%に達する。
Iフィールド発生器
ファントムライト制御のために全身に組み込まれているIフィールド発生器。本来は不安定な光の翼を抑え込む為の物だが、副次的にビーム攻撃を無力化可能。

武装・必殺攻撃[編集]

アックス・ガン
大型の実体斧とライフルを組み合わせた複合兵装。18m級の機体が使用する装備の為、小型MSのブラン・ファントムが装備するとやや大ぶりになる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ファントム / ファントムV2
ベース機。基本構造を踏襲しているが、ブラン・ファントムは非変形機として再設計されている。
ノエル・レイス
ブラン・ファントムをベースにより量産に適した再設計を行った量産型ファントム。

商品情報[編集]

リンク[編集]