2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ブレイズザクウォーリア (ライブ仕様)

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

ZGMF-1000/M ブレイズザクウォーリア(ライブ仕様)
(Blaze Zaku Warrior Live Concert Version)
[編集]

概要[編集]

ザフト軍が開発した量産型モビルスーツザクウォーリア (ライブ仕様)にブレイズウィザードを装備した状態。カラーリング以外は特に一般機と性能は変わらない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
最終話のメサイアから次々とザクが出撃するシーンにこっそり登場している。カラーリングはそのままであるが、おそらくは塗り直す時間がなかったのだろう。その後、どうなったかは不明。なお、リマスター版の同シーンでは通常カラーのブレイズザクファントムに差し替えられている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
ウィザードシステムを換装する。
分離
ブレイズウィザードを分離する。

武装・必殺攻撃[編集]

MA-M8 ビームトマホーク
シールド内に収納されているハンドアックス状のビーム兵器。接近戦で使用するが、ビームブーメランのように敵機に投げつけて使うことも出来る。
MMI-M633 ビーム突撃銃
MMI(マイウス・ミリタリー・インダストリー社)製のビームライフル。ザクシリーズの主兵装で、小型で取り回しに優れる。着脱式のビームマガジン方式が採用されており、機体ジェネレーターからエネルギーを供給することなく、ビーム兵器を使用可能。水中戦では使用できない。
ハンドグレネード
MSサイズの手榴弾。腰部のハンドグレネード用パレットに左右2発ずつ、計4発マウントされている。ZR20E高性能炸裂弾、ZR27Iテルミット焼夷弾、ZR30F通常榴散弾、ZR11Q閃光弾、ZR13Q発煙弾の5種類があるが、劇中ではほとんど使用されず、使われた物もどれであるかは不明。
AGM138 ファイヤビー誘導ミサイル
両側スラスターブロックの先端部に内蔵された小型ミサイル。広範囲目標の制圧や弾幕を張る時に威力を発揮する。装弾数は片側19発の計38発。
対ビームシールド
左肩に装備された3基のスパイクを持つ対ビームコーティングシールド。マニピュレーターで保持するわけではないので、銃とトマホークを同時使用するなど、より柔軟な運用が可能となる。ウェポンラックも兼ねていて、裏面にはビーム突撃銃の予備カートリッジを2基、内部にはビームトマホークを格納している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザクウォーリア (ライブ仕様)
ブレイズウィザード未装備の状態。
ブレイズザクウォーリア
一般機カラー。

商品情報[編集]

リンク[編集]