プロトタイプゴッグ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
プロトタイプゴッグ
外国語表記 Prototype Gogg
登場作品 M-MSV
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 水陸両用試作型モビルスーツ
型式番号 MSM-03-1
頭頂高 17.5m
本体重量 58.4t
全備重量 79.6t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,690kW
スラスター総推力 4,300kg
装甲材質 チタン・セラミック複合材
センサー有効半径 3,200m
開発組織 ツィマッド社
所属 ジオン公国軍
テンプレートを表示

概要[編集]

ツィマッド社が開発した水陸両用試作型モビルスーツゴッグのプロトタイプである。

開発はスペースコロニー内で行われ、地球に移送されてからテストされた。ジオン公国軍のモビルスーツとしては初のメガ粒子砲を内蔵した機体であるが、メガ粒子砲の拡散が予想以上に深刻な物であったため、オプション装備として腕部に魚雷ポッドを装備する計画であった。だが地球でのテストの結果、水中での長時間・長距離航行時に両腕の抵抗が問題となったため、量産機では両腕を伸縮可能な構造を採用している。そのため魚雷ポッドは廃案となり、量産機では魚雷を腹部に搭載する方式が採用されている。両腕のマニピュレーターは爪状の形状だがこの段階ではアイアン・ネイルではなく、関節部分が多いものとなっている。

ちなみにカタログスペックの推力が異様に低いがこの理由は不明。

登場作品と操縦者[編集]

M-MSV
出典元。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

拡散メガ粒子砲
腹部に2門内蔵されているビーム砲。名称の通り収束率が低い。キアM-23型メガ粒子砲と同じ物かは不明。
ハンド魚雷ポッド
両腕に装備可能なオプション装備。1基につき2発搭載している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザク・マリンタイプ
水陸両用モビルスーツの1番目の試作機。運用データが本機の開発に活かされた。
水中実験機
本機の競作機である水陸両用モビルスーツ。
ゴッグ
本機を元に量産された機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]