ヘルムヴィーゲ・リンカー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘルムヴィーゲ・リンカー
外国語表記 Helmwige Reincar
登場作品 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第二期)
デザイナー 海老川兼武
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
型式番号 V08Re-0526
全高 21.1m
本体重量 43.9t
主動力 エイハブ・リアクター
装甲材質 ナノラミネートアーマー
フレーム ヴァルキュリア・フレーム
開発組織 不明
改修 ギャラルホルン
所属 ギャラルホルン ⇒ ギャラルホルン革命軍
主なパイロット 石動・カミーチェ
テンプレートを表示

概要[編集]

ギャラルホルンのモビルスーツ。グリムゲルデを護衛任務用に改装した機体。
厄祭戦時代に存在した対モビルアーマー用の姉妹機ヘルムヴィーゲを再現した機体。再現しきれない部分は現代技術のパーツに置き換えられており、マニュピレーターはグレイズ・アインと同系列の物に変更されている。対モビルアーマーを意識しているからかリアクター出力をフレームに多く分配する調整が施されている。

「ヘルムヴィーゲ」とはワーグナーの歌劇「ニーベルングの指環」に登場するヴァルキリーに由来しており、「兜の揺り籠」を意味している。リンカーとは転生を意味するリンカーネーションから。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
パイロットは石動・カミーチェ。
ハシュマルとの戦いに備えてマクギリス・ファリドが手配したが、立場上この機体に搭乗することが危ぶまれた為、石動・カミーチェに託された。後にギャラルホルン革命軍として参加するが、ガンダム・バエルを庇いガンダム・キマリスヴィダールに撃破された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ヴァルキュリアバスターソード
当時の設計データから再現したヘルムヴィーゲ専用の超大型剣。分離することで大剣とショートクラブに分けることが可能。非使用時にはフロントアーマーの一部が展開し懸架する。ヘルムヴィーゲ・リンカーは両手で保持するがガンダム・バルバトスルプスは片手で使用し、ハシュマルを撃破している。
電撃角
頭部にある二本の長角。敵の装甲に突き刺し内部構造を破壊する目的で使用される。使用時には機体のセンサーを保護するためフェイスマスクが展開する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

グリムゲルデ
原型機。
オルトリンデ
ヴァルキュリアフレーム採用機。

商品情報[編集]

リンク[編集]