ミンク・レイデン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミンク・レイデン(Mink Leiden)[編集]

8人のXラウンダーで構成された特殊部隊マジシャンズ8の一員。
当初から司令官であるゼハート・ガレットを顕著に批判していた人物で、我の強いマジシャンズ8の中でもとりわけ好戦的な性格の持ち主。また、他のメンバー以上に出撃回数が多く、8人の中で最もディーヴァとの交戦回数が多い(といっても微々たる差だが)。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第二部)
ビッグリング攻防戦で初陣を果たし、当初は快進撃を続けるもフリットの戦術と各部隊の多大な損害、更には主戦力の1つであるクロノスの戦闘不能につき撤退を余儀なくされる。
この失策がもとでマジシャンズ8はゼハートやザント達司令陣を疑問視する様になり、中でも彼女は事ある毎に反発する様になってしまう。

人間関係[編集]

ゼハート・ガレット
上官。当初から若輩の彼を見下していた(グリン、レッシー、レオも同様)。
マジシャンズ8
強い結束力で結びついた仲間。しかしノートラム攻防戦終局面に至るまで、ディーヴァとの戦いで次々と戦死して行きノートラム攻防戦では当初の半数にまで減ってしまった。
デシル・ガレット
メデル・ザント
アセム・アスノ
ディーヴァの敵戦力として幾度となく対峙する。
オブライト・ローレイン
レミ・ルース

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

ゼダスM

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]