2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ワグテイルIIex

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワグテイルIIex
外国語表記 WAGTAIL II ex
登場作品
テンプレートを表示
スペック
分類 現地改修型モビルスーツ
型式番号 MSK-003
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織
所属
  • カラバ
  • 母艦 ガウ改級アトバラナ
    主なパイロット ヨーン・ユルヤナ
    テンプレートを表示

    概要[編集]

    ニューギニア基地攻略戦後、中破したワグテイルIIを修復した機体。ワグテイルの母艦だったケラウノスが轟沈した為、ストックされていた予備パーツは殆ど残っていない状態であり、腕部はジムIIの物へと変更され、更にバックパックのバインダーもパーツ不足に伴いニューギニア基地に残っていたハイザックの物に取り替えられた。カラーリングも緑を基調としたカラバカラーでまとめられている。バックパックこそ量産品に取り替えられたものの、ワグテイルの「売り」である高機動は健在である。

    当初はアウドムラで運用する予定であったが、規格外の機体が混ざる事で整備計画が煩わしくなるのを危惧しアトバラナへと引き渡され、第二次大戦中の風習[1]に倣いヨーン・ユルヤナの搭乗機として各地を転戦した。

    北米での戦闘で頭部を損傷した為、ツインアイ仕様からジム改[ワグテイル]の物へ戻され、バックパックもジムIII計画の最終試作パーツに変更された。

    登場作品と操縦者[編集]

    ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者
    番外編シリーズ「分岐」に登場。ネモガンキャノン・ディテクターなどと共にアトバラナで各地を転戦。その後、頭部とバックパックを改修されキリマンジャロ攻防戦でアイリス・アリスンザクキャノンと交戦した。その最中、サイコガンダムの無差別攻撃に巻き込まれ左腕・左足を損失し、アイリス機共々戦闘不能になった。
    機動戦士Ζガンダム外伝 審判のメイス
    回想回である第6話に改修後の本機が登場。内容は上述のキリマンジャロ攻防戦と同様。

    装備・機能[編集]

    武装・必殺攻撃[編集]

    頭部バルカン砲
    頭部に二門搭載されたバルカン砲。
    強化型ビーム・ライフル
    ジムII等が用いるBR-S-85-C2のバレルを延長し、丸型センサーを取り付けた強化ライフル。セミ・モード(単射)と三連バーストモードの切り替えが可能。
    ビーム・サーベル
    肩部ユニットに二基、シールド裏に二基装備。改修後はジムIIIと同系統の物を更にバックパックに二基装備。シールド裏の物はマウントした状態でもドライブさせる事ができる。
    シールド
    ジム・コマンド等が用いる曲面型対ビームコーティングシールドを、肩部スラスターに干渉しないよう上半分を除去した物。シールド裏にビーム・サーベルが二本マウントされている。

    対決・名場面[編集]

    関連機体[編集]

    ジム改[ワグテイル]
    ジム改にワグテイルユニットを組み込んだ機体。ワグテイルの改修の道はここから始まった。
    ワグテイルII
    ワグテイルの改修機。ニューギニア基地で中破し、exに改修された。
    ハイザック/ジムII/ジムIII
    ワグテイルIIexに改修される際にパーツが使用された。

    商品情報[編集]

    リンク[編集]

    資料リンク [編集]

    【機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス】キリマンジャロ攻防戦でヨーンが駆ったモビルスーツ「ワグテイルⅡex」を紹介!

    脚注[編集]

    1. 新米パイロットに歴戦の機体を渡すというもの。未熟でも未熟なりに生き残るようにという一種の験担ぎ。