2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ヴェルヌ35A/MPFM 多目的飛行モジュール

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴェルヌ35A/MPFM 多目的飛行モジュール
外国語表記 Verune 35A/MPFM
登場作品 機動戦士ガンダムSEED MSV
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 アームドモジュール
主動力 核エンジン
開発組織 ザフト軍
所属 ザフト軍
テンプレートを表示

概要[編集]

ザフト軍が開発したアームドモジュール。「ミーティア改」の名でも知られている。核エンジン搭載機の運用を前提としたミーティアとは異なり、こちらはミーティア自体に核エンジンを搭載して従来のバッテリーで稼動する機体でも運用を可能としている。「MPFM」は「Multi Purpose Flight Module=多目的飛行モジュール」を略した名称。

本機開発の目的の1つとしてジンを初めとするザフトの第1世代の延命処置がある。このモジュールと合体することでビーム兵器が運用可能となり火力が向上、機動力の強化、稼動時間の延長など最新鋭機に匹敵する性能を発揮可能となる。様々な機体で運用可能なように汎用化されているためモジュール自体には武装が装備されていない。

アーム部分に耐熱シェルを装備した状態は「惑星強襲機型」と呼ばれるもので、一部の機体でしか行えなかった大気圏再突入を単独で可能とする物である。アーム部分にはミーティアと同一のウェポンアームも装備することが可能。

また、機体名称が示すように他の機材との結合規格が統一されたことでモビルスーツだけでなく、スペースシャトルなどともドッキングが可能となっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED MSV
出典元。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

合体
モビルスーツなどと合体可能。
ニュートロンジャマーキャンセラー
ニュートロンジャマーを無効化する装置。

武装・必殺攻撃[編集]

耐熱シェル
大気圏再突入を可能とする開閉式の耐熱シェル。両側にビーム砲を内蔵している場合もある。
ウェポンアーム
ミーティアに装備されている物と同一の物。
ロケット弾ポッド
ジャンク屋組合が改造した機体の本体と耐熱シェルに搭載されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ミーティア
核エンジン搭載機用のアームドモジュール。

商品情報[編集]

リンク[編集]