装甲強化型ジム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
装甲強化型ジム
外国語表記 Armored GM
登場作品
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用量産型モビルスーツ
型式番号 RGM-79FD
頭頂高 18.0m
本体重量 41.2t
全備重量 59.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,250kW
装甲材質 チタン・セラミック複合材
開発組織 地球連邦軍
開発拠点 オーガスタ工廠
所属 地球連邦軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要

地球連邦軍の量産型モビルスーツ陸戦用ジムから連なるF型系列の機体である。

本機は後期生産型ジムを元にオーガスタ工廠製の改修キットを使用した機体であり、D型のパーツも組み込まれている。基本性能はデザート・ジムと同様で、同じく脚部に新型推進システムが設けられており、ホバー移動が可能となっている。

ロールアウトはジム寒冷地仕様と同時期に行われ、先行試作された機体は主にアフリカ・中東方面に配備された。なお、砂漠以外の地域に配備されたデザート・ジムを「装甲強化型ジム」と呼ぶ場合もある。

登場作品と操縦者

ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079
初登場作品。この時点では型式番号が「RGM-79」であった。ゲーム本編には終盤で登場するが、重装甲・高機動に加え、並みのモビルスーツだと一撃で撃墜されるハイパー・バズーカを携行しているため要注意。「RGM-79F」の型式番号については後の書籍やゲーム作品などの媒体で用いられるようになった。
機動戦士ガンダムMS BOYS -ボクたちのジオン独立戦争-
デービッド・タッカーキャリフォルニアベースでの作戦時に搭乗している。
ガンダムネットワークオンライン / ガンダムネットワークオペレーション2
「RGM-79GRS」の型式番号で実装されている。
マスターアーカイブ モビルスーツ RGM-79 ジム Vol.2
他のF型系列機と共に機体解説が行われている。同書籍ではデザート・ジムとの型式番号の重複について掘り下げられており、区別のため便宜的に「RGM-79FD」の型式番号が用いられている。

装備・機能

特殊機能

リアクティブ・アーマー
主に上半身に重点的に配置されている反応装甲。実体弾が主流だった当時の地上戦において大きなアドバンテージとなった。

武装・必殺攻撃

100mmマシンガン
ヤシマ重工製のマシンガン。陸戦型ジム等が装備している物と同じ武装。
ブルパップ・マシンガン
90mm口径のプルバップ式マシンガン。
ビーム・ガン
エネルギーCAP方式の高出力ビーム・ガン。ジム・コマンド宇宙戦仕様等が装備している物と同じ武装。
ビーム・サーベル
ランドセル右側に1基装備されている近接武装。
ハイパー・バズーカ
肩掛け式の無反動砲。ガンダム等が装備している物と同じ武装。
バルザック式380mmロケット・バズーカ
ジムシリーズのオプション装備として開発されたバズーカ。命中精度が良く、軽量で扱いやすい。
シールド (ジム・コマンド用)
対ビームコーティングが施されている曲面的なシールド。ジム・コマンド等が装備している物と同じ。
シールド (陸戦型ジム用)
取り回しが考慮された小型のシールド。陸戦型ジム等が装備している物と同じ。

対決・名場面

関連機体

ジム (後期生産型)
原型機。
陸戦用ジム / デザート・ジム / ジム・ストライカー
他のF型系列機のジム。
ジム寒冷地仕様
同時期にロールアウトしたD型系列機。本機にもD型のパーツが使用されている。

商品情報

書籍 

リンク