ガンキャノン重装型タイプD

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンキャノン重装型タイプD
外国語表記 Guncannon Heavy Type D
登場作品 MSV-R
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 支援用試作型モビルスーツ
型式番号 RX-77-3D
頭頂高 17.5m
本体重量 57.2t
主動力 熱核融合炉
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
主なパイロット マーウィン・ヘリオット
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍の試作型モビルスーツ。ロールアウト直後のガンキャノン重装型の1機を改修し、機動性と白兵戦能力を強化した機体である。

開発は連邦軍の指示によって行われ、背部と脚部にバーニアスラスターを追加することで自重過多によって損なわれていた機動性を向上させている。肩部には増加装甲、頭部にはチンガードを追加しており、総合性能の向上も図られている。武装に関してはガンキャノンの長所をそのまま引き継いでおり、ビーム・ライフルも標準装備されている。

これらの改修により、本機は中距離支援用MSでありながらより汎用的な運用が可能となり、運用試験においても高性能を示した事から正式採用され、RX-77-3Dの型式ナンバーを与えられた。しかし、開発が戦争末期であった事に加え、コストの高騰とガンキャノンIIの完成が重なった事で生産数は少数に留まっている。

登場作品と操縦者[編集]

MSV-R
出典元。アフリカ戦線の連邦軍仮設基地の格納庫に入っていた機体が紹介されている。仮設基地を強襲したジオン残存部隊の半数を撃破する活躍を見せている。
機動戦士ガンダム MSV-R ザ・トラブルメーカーズ
一年戦争終結直後に中央アジアの砂漠地帯で憲兵によって1機運用されている。
機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク
ドリス・ブラントの情報操作によって先行生産された試験機がスレイヴ・レイスに配備されており、マーウィン・ヘリオット陸戦型ジムに代わる乗機として運用された。カラーリングは部隊カラーであるグレー。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。連邦系MSの標準装備。
ビーム・ライフル
ガンキャノンと同型のビーム・ライフル。
240mmキャノン砲
両肩に計2門装備されているキャノン砲。
バルザック式380mmロケット・バズーカ
ジムシリーズのオプション装備として開発されたバズーカ砲。センサーが追加されたことにより精度が向上している他、装備そのものも軽量で扱いやすい。
ハンドグレネード
左サイドアーマーに装着されている手投げ弾。マガジン装填型であるため、複数個を携行する事が可能。
シールド
陸戦型ジム等と同じ小型のシールド。ロケットバズーカなどの大型火器携帯時には、ジャンプ時のカウンター・ウェイトとして装備が義務付けられている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンキャノン重装型
原型機。

リンク[編集]