ガンキャノン重装型

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンキャノン重装型
外国語表記 Guncannon Heavy Custom
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 中距離支援用試作型モビルスーツ
型式番号 RX-77-3
頭頂高 17.5m
全高 18.1m
本体重量 58.6t
全備重量 79.1t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,380kW
スラスター総推力 62,200kg
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
センサー有効半径 6,000m
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
主なパイロット 連邦兵
テンプレートを表示

概要[編集]

RX-77-2 ガンキャノンの基本構造はそのままに装甲を中心として強化された重装型。ジム・キャノンの開発過程で生まれた機体と言われ、生産性を高めるためにコアブロックシステムはオミットされている。

RX-77-2が連携作戦用にのみ用途を留めていたのに対し、本機は単独もしくは同型の部隊編成による作戦行動用として攻撃能力とペイロードが強化されている。また、肩部への装甲の追加等の装甲強化により防御力を向上させ、ランドセル出力の強化による行動能力の拡大も図られているが、基本構造はそのままに重量が増加した事で運動性と機動性は低下している。主兵装であるキャノン砲はガンキャノンの物から実体弾の連射性能および給弾能力が強化されており、換装によってビーム・キャノンへ変更することが可能となっている。

しかし生産コストの高騰や戦争の早期終結により、本機は数機生産されるに留まっている。この機体のデータはジム・キャノンIIの開発に使われたと言われている。

登場作品と操縦者[編集]

MSV
出典元。機体色は明るめの青を中心に黄色や白などがアクセントとして入っている。
機動戦士Ζガンダム
第12話でジャブロー防衛部隊として登場している。MSV版とは異なり、機体全体が暗めの青系統で統一されたカラーリングとなっている。
機動戦士ガンダム アフター ジャブロー
機動戦士Ζガンダム Define

装備・機能[編集]

特殊機能 [編集]

換装
240mmキャノン砲とビーム・キャノンを換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。
ビーム・ライフル
遠距離用のセンサーデバイスを搭載したタイプ。ガンキャノンの物と同じ物を装備する。
BR-S-85-C2 ビーム・ライフル
ジムIIが使用している物と同型。『Ζ』に登場した機体が装備している。
240mmキャノン砲
本機のメインウェポン。砲身が短いため、ガンタンクに比べて最大射程や射角は短くなったものの、大口径化によってザクIIの装甲を貫通する威力を持つ。ガンキャノンの物よりも連射性能が強化されており、2倍の発射速度を実現している。
ビーム・キャノン
ガンキャノンIIと同型の装備。両肩のキャノン砲を換装して装備する。右肩に砲身が装備され、左肩には多目的精密照準システムが搭載される。
ファイア・ナッツ
左サイドアーマーに装着されたマガジンに装填されている手投げ弾。マガジン装填型であるため、複数個を携行する事ができる。

対決・名場面[編集]

機動戦士Ζガンダム[編集]

ネモ
第12話より。ジャブロー内に進入したネモの1機に対し、洞窟の天井からドロップキックを食らわせ戦闘不能にするという、一瞬でありながら豪快な戦法を見る事ができるシーンである。

関連機体[編集]

ガンキャノン
原型機。
ガンキャノン重装型タイプD
スラスターの増設により機動力を強化した改修型。
ガンキャノンII
本機を元に開発されたガンキャノンの最終生産型。

商品情報[編集]

フィギュア[編集]

リンク[編集]