ガンダムレオン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

EX-05-U ガンダムレオン(Gundam Reon)[編集]

アナザーストーリーに登場するゼファーファントムシステムを搭載した最新鋭機。
本来は、特殊と言ってもそれほど重要度の高い機体ではなかったが、ある事件に巻き込まれた事でその中心の存在となってしまった。

基本的には、ファントムである為、全自動で活動できるが、ファントムの暴走事故があった関係から、火器管制が本体と分離されており、搭乗者がトリガーを引かないと武装が使用できない。この為、完全な無人機ではなくなってしまっている。
また、その事から無人機の最大の長所の一つである『急激なGに耐えられる』という特性が失われてしまっており、常識的に考えて全力を発揮する事が不可能になってしまっている。

だが、それでもなお人間のエース級に対抗し得る能力を誇っており、AFSの存在もあって、パイロットが戦闘無経験者でも、強化人間(?)の搭乗するνガンダム(ダブルファンネル)のレプリカを撃破している。
しかし、武装を見るとダメージコントロールや防御に特化した装備が見受けられ、更に最終兵器であるハイメガキャノンが封印装備である等、防御・敵機の無力化を第一に考え設計されている事が分かる。

OS開発者、つまり親とも言える存在からある極秘任務を託された事で、これを遂行する為にFA-MASと交戦した。
この際、臨時パイロットとして登録されたのは、貨物船ルピナスの船長であるルビー・ヒューゲット

ちなみに劇中ではガンダムという名どころか、正式名称ですら呼ばれておらず、厳密には本機の正式名称は不明である。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムReon
主役機。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ゼファーファントム
知能を有したMS。機械的に正義を貫き、機械的に非殺傷をこなす。
Iフィールド
シールドでは無く、全面展開型。両肩部に搭載されたジェネレーターを用いる事で実現している。
アンチ・ファンネル・システム
追加装備で、サイコミュ兵器のリンクを遮断し、無力化できる。その形状は羽の様である。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ガン
両手に装備。連射性は高いが、それほど火力は高くない。
ロング・ビーム・サーベル
高出力で刃渡りが長い事以外は普通のビームサーベル。
ハイ・メガ・キャノン
頭部に搭載された封印武装。例にもれず膨大なエネルギーを消費する。劇中では両肩部のジェネレータが破壊されていた事から、発射後に機能停止に陥った。恐らく損傷していなくても、Iフィールドが使用できなくなる等の問題が発生すると思われる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゼファーガンダム
ゼファーファントムシステムの原点。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]