ガンダム・トリスタン〈フェイルノート〉

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダム・トリスタン〈フェイルノート〉
外国語表記 GUNDAM TRISTAN <FAILNAUGHT>
登場作品 機動戦士ガンダム Twilight AXIS
デザイン Ark Performance
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 RX-78AN-01FA
頭頂高 18.0m
全高 20.6m
本体重量 45.0t(トリスタンのみ)
全備重量 60.4t(フェイルノート装備時)
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,488kw
スラスター総推力 230,600kg
開発組織
所属 バーナム
主なパイロット クァンタン・フェルモ
テンプレートを表示

概要[編集]

ブッホ・コンツェルンサナリィから貸与されたガンダムAN-01"トリスタン"に、試作型攻撃ユニット「フェイルノート・ユニット」を装備した機体。フェイルノートとはアーサー王伝説に登場する円卓騎士トリスタンが用いる弓の名前に由来する。

ブッホ・コンツェルンによるMS事業参入を目的に、トリスタンをベースにした次世代型MS開発のためのコンセプトモデルとして開発された装備のうちの一つ。攻防を半自動型のインコムによって行い、パイロットは高機動・高運動性を持つ機体のコントロールに専念させるというコンセプトで開発された。

頭部背面には後のクロスボーン・バンガード系MSに見られるツインアイタイプのセンサーパックを装備し、インコムに機体周囲の情報を提供、その稼働効率を上昇させている。また、バックパックはビギナ・ギナのフィン・ノズルの雛形とも言える装備であり、元々高いスペックを有していたトリスタンの運動性を大きく引き上げた。

フィン・ノズルとセンサーパックはその有用性から後年のMS開発に影響を与えているが、インコム主体のコンセプトは破棄されたと思われる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム Twilight AXIS
コミカライズ版にクレヴェナールの代役として登場。クァンタン・フェルモが搭乗し、サダラーンファドラーン(こちらもアハヴァ・アジールの代役)と交戦した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

フィン・ノズル
バックパックに搭載されているスラスターポッドを兼ねた推進システム。ビギナ・ギナの同系装備の雛形[1]

武装・必殺攻撃[編集]

インコム
腕部・肩部・脚部・バックパックに計8基搭載されている準サイコミュ兵装。攻撃及び防御を本装備が担い、機体の機動制御をパイロットが担うのがフェイルノート・ユニットのコンセプトとなっている。
ビーム砲先端部からはビーム・サーベルが展開でき、腕部から直接展開できる為抜刀の際に起きる隙が少ない。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムAN-01"トリスタン"
ベース機。
クレヴェナール
トリスタン用アームドベース。

商品情報[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. シルエットフォーミュラも含めるならばベルガ・バルスの雛型でもある。