ガンダムAGE-1 2号機

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

AGE-1F/2 ガンダムAGE-1 2号機 (Gundam AGE-1F/2)[編集]

地球連邦軍の戦闘用モビルスーツガンダムAGE-1の2号機であり、1号機の開発時にAGEビルダーが製造していた多数のパーツの一部を「ニューエイジ計画」に基づき、1機のMSとして組み上げている。
性能は1号機と変わりないがAGEシステムは搭載されておらず、カラーリングも青とグレーに変更されている。

「ニューエイジ計画」が持ち上がる前から2号機を用意する予定であり、当初は1号機のテストで得られた運用データを基に改良が加えられる予定であった。しかしその1号機の完成度が高すぎてむしろ改良する事を当時の技術者達がためらう程であった為、実行される事なくパーツのまま軍の開発部に研究用として保管されている。
また、本機は後のアデルの雛型ともなった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムAGE UNKNOWN SOLDIERS
パイロットはラーガン・ドレイス
アサルトジャケットのテスト運用の為に用意された。
慣熟飛行の名目で1号機やGエグゼスと飛行訓練を行った後、アデルの為のデータ収集を兼ねてウルフ・エニアクルの部隊に実戦配備されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

AMENBO(アメンボ)
「Gウェア」を搭載可能な無人輸送機。名称は「AGE Mechanical Equipment Moving BOat」の略。
換装
アサルトジャケットに換装可能。
四肢を「Gウェア」に換装可能。最初はディーヴァの艦内で行われていたが、後にウェアを搭載した「AMENBO」を射出して戦場で換装するようになった。
後述の分離機構を応用する形でAGEシステムが提示した。
分離
四肢を分離可能。
元々は実験機である本機の開発・製造の効率化や整備性、輸送のしやすさ等を考慮して採用された機構で、動力も四肢それぞれに独立して搭載されている。

武装・必殺攻撃[編集]

ビームダガー
両腰部に1本ずつマウントされている接近戦用の武装。短いビーム刃を出力する。投擲武装としても使用可能。
ビームサーベル
ビームダガーの刃を調節する事でビームサーベルとして使用可能。
ドッズライフル
本機の主兵装。AGEシステムがガフランとの戦闘データを基にして造り出した武装で、発射するビームをドリル状に回転させる事で貫通力を高めている。通常モードの他、バレルを回転させてフォアグリップで両手で保持する精密射撃モード、バレルを取り外したハンドガンモードに組み換えが可能だが、後者は劇中では使用されていない。
なお、小説版では「ドッズ」とは「Drill-Orbital Discharge System(機械穿孔電子軌道放出システム)」の略称とされている。AGEシステムによって実現されるまでは理論科学の域を出ていなかったらしい。ビームを受けた相手はこのDODS効果によって共振粒子のボルテックスへと呑まれてしまい、消滅してしまう。
シールド
実体式の防御兵装。先端部の青い部分は「A」の文字を形作っている。本体よりも強固に出来ている為、高い防御力を持っている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムAGE-1 2号機 アサルトジャケット
武装強化形態。
ガンダムAGE-1 ノーマル
1号機。
ガンダムAGE-1 フラット
AGEシステムを外し、AGEデバイス無しで起動出来るように改造した1号機。
2号機もこの機体と同じ仕様になっている。
アデル
この機体の雛型となった。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]