2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダム (ハンマーヘッド)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダム (ハンマーヘッド)
登場作品 It's Wonderful World
デザイナー うしだゆうじ(作画)
テンプレートを表示
スペック
コードネーム ハンマーヘッド(ジオン軍側)
分類 モビルスーツ
原型機 ジム・コマンドもしくはジム・コマンド宇宙戦仕様
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 第123小隊
母艦 サラミス級
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

漫画『ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム』(メディアワークス版)収載の描き下ろし作品『It's Wonderful World』に登場する機体。

これといった機体設定がなく正式名称及び機体性能は不明。作中で分かるのはジム・コマンドジム・コマンド宇宙戦仕様がベース機[1]である事と、敵味方から重要視されている実験機という事のみで、何を目的とした実験なのかも明かされていない。

頭部がガンダムヘッドに変更されており、縦長の大きな頭頂部が特徴。連邦軍からはただ単に「ガンダム」と呼称されており、本機を強奪しようとしていたジオン公国軍からは特徴的な頭部ゆえか「ハンマーヘッド」と呼称されていた。他にはバックパックを専用の物に変更、胸部ダクトの形状をジムなどと同型の物に変更などの違いが見て取れる。機体色は白と青のツートンカラーで、よりガンダムらしい外見になっている。

登場作品と操縦者[編集]

It's Wonderful World
パイロットはフジ・ミカ。コロニー内でならし運転をしていたが、彼女がコロニーに関する知識に疎かったため、ジャンプした勢いで頭上の地面に墜落。外壁を3壁抜いて最外壁に到達してしまう。連邦軍がコロニーの被害よりも機体の確保を優先するよう指示する中、ダリー達はミカの救助を試みるが、突如襲撃してきたジオン軍の攻撃により最外壁が崩壊。ミカと共にコックピットに飛び乗ったダリーは操縦を担当し、襲ってきたザクIIを徒手空拳で撃退。無事、機体とミカを守り通す事に成功した。

装備・機能[編集]

※上記の通り、作中では徒手空拳で戦闘したため、これらの武器は未使用。母艦でも武器が用意されていたが、こちらも未使用に終わっている。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵。
ビーム・サーベル
原型機と同様、腰部リアアーマーに2基装備している。

対決・名場面[編集]

コロニーの怒りの代弁者
ジオン軍の攻撃により突如、最外壁が抜けるという事態に見舞われ、ハンマーヘッド共々、宇宙空間に放り出されるダリー。動かないハンマーヘッドを強奪しようとザクIIが接近してくるが、ハンマーヘッドは突如ザクにアッパーを食らわせ、ブースト全開で飛び回った。ミカがギリギリのタイミングでダリーをコックピットに引き込んでおり、そのダリーが操縦を担当していたのだ。ダリーは、コロニーの被害よりも自分達の目的を優先する連邦軍とジオン軍に怒り、ザクを蹴散らしながら両軍に向けて声の限りに激昂。これにはジオン軍もたまらず撤退した。

関連機体[編集]

ジム・コマンドジム・コマンド宇宙戦仕様
どちらかがベース機と思われる。
ガンダムTR-1[ヘイズル]ストライカー・カスタムガンダム・ヘッド
本機と同様、ジム系列機をベースに頭部をガンダムタイプに換装した機体。

商品情報[編集]

書籍[編集]

※メディアワークス版

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 本機を視認したザクのパイロットが「本体はRGM-79GS しかし頭部にツノ確認」と報告しているため、後者である可能性が高い。