キャノンガンDX

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
キャノンガンDX
外国語表記 CANNONGAN-DX
登場作品 機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン
デザイナー 石渡マコト(ニトロプラス)
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 RIX-003[GA]
頭頂高 20.2m
本体重量 54.1t
全備重量 91.4t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 4,130kW
スラスター総推力 141,900kg
装甲材質
センサー有効半径 32,200m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 地球連邦軍
母艦 アンヴァル
主なパイロット ゾーイ・ヤンソン
テンプレートを表示

概要[編集]

キャノンガンの背部に「バックウェポンモード」に変形したGFタンクがドッキングした状態。DX」とは「Dual-X(trans)cend」のことであり「二重の超越」という意味を持つ。

ドッキングしたことにより総合性能が向上しており、本機の支援攻撃能力も強化されている。GFタンク側のジェネレーターとアクティブリンクし出力が向上しているため、GFタンク側の砲門と合わせて4門の同時射撃も可能としている。メガ・ビーム・キャノンにエクス・カートリッジを接続することで長距離射撃も可能となり、より支援機としての能力が上昇している。この状態は一応、サイコフレームの外部装置化による実証試験機としての姿なのだが、ニュータイプが搭乗しなかったからか性能が向上するにとどまっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

サイコフレーム
GFタンク側に搭載されている。
分離
GFタンクと分離可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
両手の人差し指と中指に内蔵されている。Eパック方式で予備はサイドアーマーに装備されている。
ビーム・ジャック
左前腕部に装備されているナイフ型の実体剣。敵機に刺した際、柄の部分から瞬間的にビーム刃を発振させるネイルガンのような使い方が可能。
メガ・ビーム・キャノン
両肩に2門装備されているビーム砲。
スプレー・ビーム・ランチャー
砲身を折りたたむことで拡散性の高いビームを放つ。
ハイパー・ラッシュ・キャノン
メガ・ビーム・キャノンにエクス・カートリッジを接続することで長射程のビームを連射可能となる。エクス・カートリッジは高出力のビームによる負荷のセーフガードとしても機能している。
エクス・キャノン
バックパックに2門装備されているビーム砲。
ミサイル・コンテナ
両腰部に2基装備されている。
ビーム・マシンガン
ミサイル・コンテナに内蔵されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

キャノンガンGFタンク
分離状態。
ガンダムGファーストDX
こちらはガンダムGファーストとGFタンクがドッキングした状態。
G-ドアーズ
目的は異なるが本機以前にサイコフレームを外付けしていた機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]