2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダムGファースト

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムGファースト
外国語表記 Gundam G-First
登場作品 機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン
デザイナー 石渡マコト(ニトロプラス)
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 RIX-001
頭頂高 21.8m
本体重量 29.8t
全備重量 63.4t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,890kW
スラスター総推力 119,760kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 19,800m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 地球連邦軍
母艦 アンヴァル
主なパイロット ジョリオン・デイ
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した試作型モビルスーツ。バックウェポンシステム(BWS)の拡張発展を目的として開発された機体で、本機はサイコフレームの外部装置化による性能向上の実証試験機である。式典用にトリコロールカラーで塗装されている。

設計のベースとなった機体は量産型νガンダムだが、サイコミュシステムに関する物は装備されていない。コックピットの球形イジェクション・ポッドは露出しているが、耐熱・耐弾性能が向上しておりコックピット・ブロック単体での大気圏突入も可能としている。肩部と脚部側面のスラスターが主推進機関で、背面や前腕部など他の部分はサブスラスターである。腰部の装甲は薄いためΖΖガンダムのウイング・シールドの構造をベースとしたシールドが両腕部に装備されている。BWSの試験機であるためバックパックには合体機構がある。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

合体
GFタンクと合体してガンダムGファーストDXになる。

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている。
ビーム・ライフル
Eパック方式のライフル。後に改修され、ジェネレーター直結式の機能が追加されたハイブリッド方式となった。予備のEパックはシールド裏に装備されている。
ビーム・サーベル
肩・腰・膝アーマー内に計6基装備されている。マウント状態のまま全てのビーム・サーベルを発振することも可能。
ウイング・シールド
両腕に装備されているシールド。飛行翼として機能するわけではないが、ΖΖガンダムの装備名からそのまま取られた。
マイクロ・ミサイル
シールド裏に装備されている。
ビーム・ディフューザー
シールド両側面に内蔵されている拡散ビーム砲。この状態では出力不足により使用不可。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

量産型νガンダム
設計ベース機。
ガンダムGファーストDX
本機とGFタンクが合体した状態。

商品情報[編集]

リンク[編集]